年はじめに美しい言葉を

オードリー・ヘップバーンが、息子たちに読んで聞かせたという詩です。
年末年始休暇中、気になって、何度も読み返していました。
少し長いですが、紹介いたします。

 

『時を越えた美しさの秘密』
“Time Tested Beauty Tips” ―Sam Leveson

魅力的な唇であるためには、美しい言葉を使いなさい。
For attractive lips, speak words of kindness.

愛らしい瞳であるためには、他人の美点を探しなさい。
For lovely eyes, seek out the good in people.

スリムな体であるためには、飢えた人々と食べ物を分かち合いなさい。
For a slim figure, share your food with the hungry.

豊かな髪であるためには、一日に一度子供の指で梳いてもらいなさい。
For beautiful hair, let a child run his fingers through it once a day.

美しい身のこなしのためには、決してひとりで歩むことがないと知ることです。
For poise, walk with the knowledge you’ll never walk alone …

物は壊れれば復元できませんが、人は転べば立ち上がり、失敗すればやり直し、
挫折すれば再起し、間違えれば矯正し、
People, even more than things, have to be restored, renewed, revived,

何度でも再出発することができます。
reclaimed and redeemed and redeemed …

誰も決して見捨ててはいけません。
Never throw out anybody.

人生に迷い、助けて欲しいとき、いつもあなたの手のちょっと先に助けてくれる手が
さしのべられていることを、忘れないで下さい。
Remember, if you ever need a helping hand,
you’ll find one at the end of your arm.

年をとると、人は自分にふたつの手があることに気づきます。
As you grow older you will discover that you have two hands.

ひとつの手は、自分自身を助けるため、
もうひとつの手は他者を助けるために。
One for helping yourself, the other for helping others.

女性の美しさは 身にまとう服にあるのではなく、
The beauty of a woman is not in the clothes she wears,

その容姿でもなく、髪を梳くしぐさにあるのでもありません。
the figure that she carries, or the way she combs her hair.

女性の美しさは、その人の瞳の奥にあるはずです。
The beauty of a woman must be seen from in her eyes,

そこは心の入り口であり、愛情のやどる場所でもあるからです。
because that is the doorway to her heart,

女性の美しさは、顔のほくろなどに影響されるものではなく、
The beauty of a woman is not in a facial mole,

その本当の美しさは その人の精神に反映されるものなのです。
but true beauty in a woman is reflected in her soul.

それは心のこもった思いやりの気持ちであり、時として見せる情熱であり、
It is the caring that she lovingly gives, the passion that she shows,

その美しさは、年を追うごとに磨かれていくものなのです。
and the beauty of a woman with passing years only grows!

 

年が明けて、結婚1周年を、無事に迎えることが出来ました。
アトピーも乳ガンも経験したからこそ、今のような日常生活、日常会話、
温もりのある生活が、より愛おしく感じます。

何度も諦めたこと、諦めざるを得なかったことはあるけれど、諦めたのは過去の自分

新しい年、新しい自分で、人のお役にたっていけるよう、継続して学び、
行動していく1年にしていきたい。
心が奮い立つのを、この詩から感じます。

コメントを残す