今年こそ、チャレンジしたいこと

前からやってみたかったことのひとつ、「お味噌の仕込み」

自分ひとりでは中々、今まで取り組まなかったけれど、思い立ったが吉日、
お味噌仕込みのワークショップを探して申し込みました

参加したのは、島根の山奥の農家でお味噌もつくっている、お味噌屋さんのワークショップです
島根まで行ったわけではありません(笑)
参加してみたら、大豆も米麹も島根の山奥、自分たちの畑で作った食材で、お味噌を造っているという、
何とも素晴らしいものでした

自分が作ったものが、いちばん安心で安全でしょ
食べることは生きることだからね
本当にそうだなぁと、心に響く講師の言葉を聞きながら、お味噌を仕込んでいきました

今から、8ヶ月後位からが、食べ頃だそうです
仕込んだ味噌には、カビが生えるそうです
でも、捨てないでくださいと何度も言っていました
カビが全く生えていない事の方が、心配ですと何度も言っていました

おわりに、講師のお味噌屋さんのお味噌を使った、焼きおにぎりお味噌汁を試食しました
このお味噌汁、スゴく美味しかった

力ある食べものとは、こういう事ですよ!!と、教えていただきました

こちらのお味噌屋さんのお味噌は、市販もされていて、お店で買うと一般的なお味噌より少し高価な値段でした
しかし、安い一般的なお味噌は長期熟成されていません
大量生産のための効率化で、短時間熟成
強制的に発酵させているそうです
発酵食品が体に良いと言っても、不自然に発酵された食品がいいとは考えにくいです

短時間熟成、強制発酵したお味噌は、うま味が乏しくなって、酵素の働きもない
うま味がないから、添加物が足されて、出来上がった味噌が発酵して変化しないように、
更に添加物が入っているという
聞けば聞くほどに、短期間熟成は不自然な食べものに感じた

お味噌仕込みの材料は
煮大豆 米こうじ でした
お味噌によって、が入るかもしれない
これ以上の表示のお味噌はよくあるけれど、本当のお味噌は材料がシンプルであることがよくわかった

値段の価値を知ってしまうと、値段以上の価値を感じます

生産者の言葉、物語を聞いていたら、力のあるものを食べて、私も頑張ろうと思いました

コメントを残す