快腸で快調~便秘は未来のお知らせだよ~

お仕事が休みになる週末、お腹の調子が良くなります
平日も、全然出なくなるわけじゃないけれど、金曜辺りから、すっきり快腸になると安心する

数年前、乳ガン治療の前後は、平日の5日勤務をする体力がない時期がありました
昨年頃から、余分に休むことも、急に休むことも、少なくなって、体調面が安定しました

2度目の乳ガン治療から、丸4年、やっと体力を取り戻し、してきたことが実を結んでいる感じです

長い目で見ても、毎日毎日を振り返っても、大事なのは、快腸であることです

2、3日出ないときや、コロコロ便は、からだからのお知らせです
何か不具合が起きているのです

それに気付いて、便秘をしている原因を見つけて、取り除く事を、早めにやることが、本当に大事!

乳ガンの発症がわかる前、1度目も2度目も、便秘が続いていました
それから、わたしの場合、強い冷えがありました
なぜ冷えていたのか

薬の常用がありました
乳製品を毎日、食べたり、飲んだりしていました
生サラダも体にいいと思って、たくさん食べていました
生果物もたくさん食べていました
さつまいもが好きで、焼き芋や干し芋をよく食べました
お味噌汁や漬け物が嫌いでした
ご飯食よりもパン食を好んでいました
パスタやドリア、特にホワイトソース系が好き、外食は洋食を選択して食べていました
お水を多飲していました
玄米は、全く食べたことがありませんでした

そして、5日くらいは平気で便秘して、やっと出ても、コロコロ便、おしりがよく切れて痛かった
いつも、体がダルくて、眠くて、辛かったけれど、若かったから、体力で乗り切れた

そして、30代になり、乳ガンを発症していたことがわかりました

2度の乳ガンの経験と、アトピーが改善した経験から、今だから、わかること
うんちが出るか出ないか」、「ストンと感じの良いうんちが出るか出ないかは、からだにとって大問題

今は、夫のうんちの心配もしている
挨拶と同じように
おかえりなさい、今日、うんち出た?」と夫に確認している
はじめこそ驚いていた夫も、今は日常会話になった

うんちは、今の生活と少し先の未来を教えてくれている
ちなみに、上の方に書いた、過去の食生活は、全て、今は逆転している

コメントを残す