ブログ

アトピーさんの血液はドロドロ!?

 

あなたの血液はドロドロですか?

 

なかなか血流を調べる機会がないので、

あまり測ったことがある人は少ないと思います。

れのあのでは、そんな貴重なデータを、セミナーで皆さんに見ていただいています。

この写真をみると、ゾッとします。

そして、普段の私の食生活は大丈夫かな?

おやつ気を付けなきゃ!?

とハッとさせられます。

ドキドキしてしまう事でしょう。

 

 

この映像は、1月23日発売の、

「アトピー改善の基礎セミナーの動画」に収録予定です。

 

これが自宅で観れるようになるので、

気が緩んできたな~と思ったら、

改めて気持ちを引き締めるために、見返すのも良いですね。

私もお守りとして欲しいな~と

ついつい思ってしまいます(^^;

 

「アトピー改善の基礎セミナーの動画」の詳細はこちらをご覧ください!

楽しみにお待ちくださいね~♪

夫婦の不思議

若い頃、映画の仕事をしていたおじいさんがいる

おじいさんが生活している部屋の壁には、自画像家族を描いた絵
お気に入りの新聞の切り抜き雑誌の切り抜きがたくさん貼ってある

ちょっとした、ギャラリーのようだ

ある朝、いつものように職員が、おじいさんの部屋を訪ねると、
車椅子に座ったまま、ぐつたりとしていた
何度目かの脳梗塞を、発症していた

大事に至らず、しばらくすると搬送された病院から帰ってきた

玄関ホールの椅子に座った奥様の手をぎゅっと握って
「命拾いしたよ、よかった、よかった」と、奥様へ何度も伝えていた

奥様に笑顔があまりなくて、不思議に思っていると

実は、奥様は持病が悪化していて、入退院を繰り返していた

ある日を境に、おじいさんが何度も同じことを言うようになった
「奥さんに会いたい、顔が見たい、心配なんだよ」

家族は迷っていた、入院中の奥様はかなり弱っていて、
会うことで、おじいさんが落ち込んでしまうことを心配した

でも、今なら会える

職員が付き添って、車椅子のおじいさんは、入院中の奥様のお見舞いに行った

しばらくすると、奥様は亡くなり、家族がお葬式の帰り際、
玄関ホールで、おじいさんの手をぎゅっと握っていた

がんばるよ、がんばれよ、おじいさんと家族は涙を流しながら励まし合っていた

それから、車椅子のおじいさん、目が合うと、にこーっとされて
内ポケットから大事なものを見せてくれる

「おれの、御守り、奥さんだよ」

小さな巾着の中に、奥様の形見が入っている

6年前は、頑固なタイプのおじいさんだったけれど、
この頃、にこーっとされて、優しい笑顔が多い

いくつ年を重ねても、悲しい出来事はあるのだなぁ
それでも、それだから、柔らかい笑顔になるのかなぁ

私は、乳ガンもアトピーも経験した、だから弱いからだでしょうがないと思っていた
けれども、健康を取り戻して、元気いっぱい働きたい理由があるから、

ここで働くうちに、私は強くなりました

赤ちゃんの体質改善は授乳中がチャンスです!

私には1歳半になる姪っ子がいます。

姪っ子が風邪をひいたと聞けば、

とっても心配します。

鼻が詰まっていたら、苦しそうなので、

何とかしてあげたいなと思います。

いつも元気でいてほしいなと願っていますし、

すくすくと成長をしていく姿を見るのが楽しみです。

 

それが、自分の産んだ赤ちゃんとなると、

その思いは私の比ではないほどとても強いものなのだと想像できます。

 

アトピーの赤ちゃんを持つお母さんのご相談を受けることがあります。

喋ることの出来ない赤ちゃんの事ですから、

どんな判断をしてどう対処をしていけばいいのか。

何が正しくて何が間違っているのか。

お薬を使うか使わないか。

悩み不安になられています。

そんな沢山の葛藤の中から、

『薬を使わないで赤ちゃんのアトピーを改善する!』

と決意されたお母さんたちのサポートをしています。

 

赤ちゃんのアトピーは早ければ早いほど、

お薬の量が少ないほど、

改善が早い赤ちゃんがほとんどです。

早く改善させてあげたい!とおもわれるのでしたら、

授乳期間中にご相談ください。

アトピーの赤ちゃんの体質改善は授乳中が改善のチャンスです!

 

 

まずは「赤ちゃんのアトピー改善のヒント」をご覧ください。

れのあの体質改善を知っていただけたら、

無料のLINE相談室」「笛木のカウンセリング」が御座いますので、

ご相談ください。

れのあは頑張るお母さんたちを応援しています!

新年にあたりアトピーという病気をもう一度振り返りましょう!

一年の計は元旦にあり

 

 

というほど新年は空気が違います

心意気新たに!!
一年間で何か成し遂げなくてはならない!!

そんな風に思うからでしょうか

それは私だけ?

れのあに来店されるアトピーさんも口にします

今年こそアトピーを治したい!

 

今年こそアトピーを治したい!

ではアトピーはどの様にして治すのでしょうね

私たち民間機関は医者ではないので治すという言葉を使ってはいけません

では、医療でアトピーは治っているのでしょうか?

そこも魔訶不思議

医療は慢性疾患にギブアップしているのが現実ではないでしょうか?

新年にあたりアトピーを振り返りましょう

新年にあたりアトピーを振り返りましょう

 

アトピーは皮膚に現れる免疫疾患の病気です
免疫は骨と深い関係にあります
ステロイド性骨粗しょう症はすでに学会で発表されています
元々免疫(骨)が弱いからアトピーなのに
なお骨をもろくするステロイドを使用すれば当然深みにはまるでしょう

ちょっとわかっていただけたでしょうか?

そうなんです

とりあえずこのひどい状況だけステロイドで一度抑えて
そこから何とかします!!
って

よく聞く名セリフですがナンセンスです

アトピーと分かったら身体を丈夫にすること
自然と友達になること
食を変えること
生活習慣を見直すこと

 

薬はあなたを丈夫にしないし
これほど不自然な物はごございません

 

私たちの身体は食べた物で作られているし
今日のあなたは昨日まで食べた物の結果です

 

という事で

2018年も

笛木はアトピーを語ります!


【基礎編】1月21日 11時~13時 町田店 残席2名

 


※「食のセミナー」から名称変更しました
1月28日 11時~14時  町田店  満員御礼
2月18日 11時~14時  町田店  残席5名

アトピー改善のプロになりたい方はこちら
http://www.renoa.co.jp/pro-course/

年はじめに美しい言葉を

オードリー・ヘップバーンが、息子たちに読んで聞かせたという詩です。
年末年始休暇中、気になって、何度も読み返していました。
少し長いですが、紹介いたします。

 

『時を越えた美しさの秘密』
“Time Tested Beauty Tips” ―Sam Leveson

魅力的な唇であるためには、美しい言葉を使いなさい。
For attractive lips, speak words of kindness.

愛らしい瞳であるためには、他人の美点を探しなさい。
For lovely eyes, seek out the good in people.

スリムな体であるためには、飢えた人々と食べ物を分かち合いなさい。
For a slim figure, share your food with the hungry.

豊かな髪であるためには、一日に一度子供の指で梳いてもらいなさい。
For beautiful hair, let a child run his fingers through it once a day.

美しい身のこなしのためには、決してひとりで歩むことがないと知ることです。
For poise, walk with the knowledge you’ll never walk alone …

物は壊れれば復元できませんが、人は転べば立ち上がり、失敗すればやり直し、
挫折すれば再起し、間違えれば矯正し、
People, even more than things, have to be restored, renewed, revived,

何度でも再出発することができます。
reclaimed and redeemed and redeemed …

誰も決して見捨ててはいけません。
Never throw out anybody.

人生に迷い、助けて欲しいとき、いつもあなたの手のちょっと先に助けてくれる手が
さしのべられていることを、忘れないで下さい。
Remember, if you ever need a helping hand,
you’ll find one at the end of your arm.

年をとると、人は自分にふたつの手があることに気づきます。
As you grow older you will discover that you have two hands.

ひとつの手は、自分自身を助けるため、
もうひとつの手は他者を助けるために。
One for helping yourself, the other for helping others.

女性の美しさは 身にまとう服にあるのではなく、
The beauty of a woman is not in the clothes she wears,

その容姿でもなく、髪を梳くしぐさにあるのでもありません。
the figure that she carries, or the way she combs her hair.

女性の美しさは、その人の瞳の奥にあるはずです。
The beauty of a woman must be seen from in her eyes,

そこは心の入り口であり、愛情のやどる場所でもあるからです。
because that is the doorway to her heart,

女性の美しさは、顔のほくろなどに影響されるものではなく、
The beauty of a woman is not in a facial mole,

その本当の美しさは その人の精神に反映されるものなのです。
but true beauty in a woman is reflected in her soul.

それは心のこもった思いやりの気持ちであり、時として見せる情熱であり、
It is the caring that she lovingly gives, the passion that she shows,

その美しさは、年を追うごとに磨かれていくものなのです。
and the beauty of a woman with passing years only grows!

 

年が明けて、結婚1周年を、無事に迎えることが出来ました。
アトピーも乳ガンも経験したからこそ、今のような日常生活、日常会話、
温もりのある生活が、より愛おしく感じます。

何度も諦めたこと、諦めざるを得なかったことはあるけれど、諦めたのは過去の自分

新しい年、新しい自分で、人のお役にたっていけるよう、継続して学び、
行動していく1年にしていきたい。
心が奮い立つのを、この詩から感じます。