恋々農園さんの畑ごはん

    ふっくら黒豆の煮物

    あけましておめでとうございます。

    新年の第1弾は、おせちの定番メニューです。

     

    黒豆は秋以降にカラカラになった茶色の房から採れます。

    20170101-2

     

    ブルーシートの上で棒でたたき、出てきた黒豆を集めていきます。

    20170101-3

     

    玄米と一緒に炊いてもいいのですが、お正月はやっぱりこれというレシピをご紹介します。

     

    正月のおせち料理の一つとして登場する黒豆の甘煮

    一年、元気にまめに働けるようにという願いを込めていただきます。

    アク取り水足し不要、弱火3時間半で、豆割れ無しのふっくら黒豆が出来ます。

     

     

    <材料(4人分)>

    黒豆:1カップ

    :600cc

    てんさい糖:80g

    醤油:40cc

    :ふたつまみ程

     

    <作り方>

    01 保温性の高い鍋を用意。(土鍋などでもOKです)
    鍋に煮汁の材料(☆)を入れ、煮立たせる。

    20170101-4

     

    02 煮たった01に、よく洗った黒豆を投入。

    20170101-5

     

    03 火を止め、ふたをして一晩おく。

    20170101-6

     

    04 一晩たったら、再度火にかける。
    沸騰するまで強火沸騰後は、コトコトと弱火で柔らかくなるまで、煮る。

    ※目安は、約2時間程度(お好みの硬さで)

     

    05 柔らかくなったかを確かめて、出来上がりです。

    20170101-7

     

    一日おくことで、豆に味がなじみます。

    お急ぎの時は半日おいて、煮てもOK。

     

    20170101-1

     

     

    菊芋きんぴら

    最近、テレビでも話題の菊芋(キクイモ)さん。

     

    菊芋は、facebookで知り合った、自然農仲間から譲り受けました。

    香川県から届いたと思います。

    恋々農園にやってきてから2年目になります。

     

    天然のインスリンとも言われるイヌリンが含まれていて、糖尿病の方にも効果的。

    また、整腸作用もあり、アトピーさんにもいいらしいです。

     

    でも、少し癖があったり、アクが強かったりと苦手な人もチラホラ・・・

     

     

    菊芋さんは、生命力が強く、どんな状況でも成長します。

    今年もたくさんの花を咲かせ、しっかりした菊芋となりました。

     

    20161219-1

     

    掘り起こすと、きれいな白色の菊芋がどんどん出てきます。

    20161219-2

     

     

    今回は、菊芋をきんぴら風にアレンジしてみました。

     

    <材料(3~4人分)>

    菊芋: 300g

    醤油: 少量

    : 適量

    : なたね油少量

     

    <作り方>

    01 菊芋をたわしでよく洗い、少し太めに切ります

    20161219-3

    20161219-4

     

     

    02 油をしき、炒めます

    少ししたら、塩をふります

    20161219-5

     

     

    03 色が少し透き通ってきたら、醤油を入れます

     

    04 ゴマをふりかけて完成です

    20161219-6

     

    少しシャキシャキとした、イモ感のあるきんぴらの完成です。

     

    親は美味しいと食べましたが、子供たちはムムム・・☆でした(^^)/

     

    トマトペースト

    恋々農園の畑ごはん、第1回目はトマトペースト作りです。

     

    ご家庭でも、家庭菜園でトマトを栽培されている方も多いと思いますが、

    たくさん採れたり、たくさん手に入って消費しきれないときはどうしていますか?

     

    恋々農園では11月23日に採り終えた形なんですが、採りきれずに残っているものもあります。

    大丈夫そうなものは、11月30日に採ってそれで本当に終わりです。

    20161201-1

    我が家では、今年もジャングルのように育ってくれて、

    たくさんのトマトが採れました。

     

    今年から、調理兼用のサンマルツァーノという品種も加わり、

    消費するのが大変でした。

     

    そこで、恋々ママに頼みこんで、

    たくさんのトマトはトマトペーストにすることにしました。

    ポイントは、皮と種を入れることです。(イタリア家庭料理のテレビを参考にしました)

     

    <材料>

    トマト: できるだけ多めに
    ニンニク: 少量
    : 適量
    : なたね油少量

     

    <作り方>

    01 トマトをできるだけ細かく切ります

     

    02 鍋で1時間くらいじっくり炒めます(水分がでてきます)

    20161201-3

     

     

    03 ミキサーで細かくします

     

    04 鍋に油をしき、ニンニクを炒めます

     

    05 香りがしてきたら、03の細かくしたトマトと混ぜて軽く火を通します

    20161201-2
     

    06 パスタやサラダに和えて完成です。

    20161201-4

     

    *余ったトマトペーストは、ジップロックに入れて冷凍保存します。

     

    全粒粉のパスタにからめていただきました。

    とてもコクがあって、お店のパスタよりもおいしく感じました。

     

    ちなみに・・・

    赤くなりきれなかったトマトは

    霜が降りる前に収穫し、赤くなるまで室内で管理します。

     

    ヘタを取る作業を、娘が手伝ってくれました。

    20161201-5