弱っている時の副食(小豆昆布・小豆かぼちゃ)

弱っている時の副食
下半身の冷えが気になる時に食べます。
腎の機能が弱い方におすすめです。

材料
  • 有機小豆…1カップ
  • 昆布…10cm
  • 水…3カップ
  • 自然塩…小さじ1~2
  • かぼちゃ(小豆と同量)

つくりかた
01
鍋に小豆、昆布、3カップのお水を入れ、昆布が水を吸って柔らかくなったら細かく刻み、鍋に戻して中火で時々差し水をしながら、柔らかくなるまで煮て、自然塩で味を調えます。
【ここまでが小豆昆布の作り方です】
02
【1】にかぼちゃをさいの目切りにして加え、柔らかくなるまで煮て出来上がりです。【小豆かぼちゃ】
03
煮上がっても水分がある時は、その水分だけを取り出し、とろっとするまで煮詰めると濃厚な小豆茶になり、身体が温まります。

▲ページ先頭へ戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る