こんにちは、妙子です。

スタッフの中で一番乾燥肌の私。

8月後半のまだ暑い時期でも、夕方になるとちょっと涼しくなる・・・

そんな時期から肌の変化を感じます。

そんな私が行っている乾燥対策を4回にわたってお伝えしています(^^♪

 

最終回は良質な脂質をとる

 

これまで入浴方法やスキンケアなど外側からの

ケアをお伝えしてきました。

今回は内側、食べるものです。

 

私は以前に比べて食べる量が増えた食材があります。

それはお魚、特に青魚を積極的に食べるようになりました

 

青魚に多く含まれるEPAやDHA。

人間の体には約60兆個の細胞からできています。

EPAやDHAはその細胞一つ一つの「細胞膜」の原料になり、

また炎症を抑える作用もあると言われています。

その他にも青魚にはアトピー改善に必要なビタミンやミネラルが含まれています。

 

元から肉より魚の方が好きなこともあり、

今では少量でもいいので毎日食べるようになりました。

青魚の中でも切り身ではなく、一匹丸ごと食べられるイワシが多いですね。

これからの季節だとサンマも美味しくなります(^^♪

 

もちろん以前からオメガ3の亜麻仁油は摂っています。

オメガ3の油に含まれるα‐リノレン酸は体内でEPA・DHAに変換されます。

オメガ3の油は酸化しやすいため加熱してはいけない油なので、

納豆に入れたり、お味噌汁をいただく時に加えたり。

たまーに玄米に亜麻仁油とお醤油をかけてたまごかけご飯風にしたり。

最初はご飯に油??と思ったのですが、これが美味しくて(笑)

食べすぎ注意です(;’∀’)

 

多く摂るようになった油もあれば、減らした油もあります。

それはオメガ6の油。

具体的に言うと、一般的なサラダ油やごま油など。

これらの油に含まれるリノール酸は炎症を引き起こすと言われています。

今はオメガ6の摂取量が増えて、脂肪酸のバランスが崩れているので

オメガ3を増やし↑、オメガ6を減らす↓ようにしています。

 

いい油はサプリでも摂ります。

パワーツナ」これも欠かさず飲んでいます(^^♪

 

いい油を積極的に摂るようになって、体に変化がありました。

それは・・・

お通じがよくなったこと!!

以前から便秘がちで、出てもコロコロとした便が多くいい便ではありませんでした。

今は毎日お通じもあるし、いい便が出るようになりました♪

 

積極的に魚を食べるようになってから、初めての乾燥する季節を迎えています。

ゆっくりだけど確実に以前とは違う肌の感じです。

良い脂質を摂るようになってもすぐに肌の変化は感じないかもしれません。

時間はかかるかもしれません。

 

でも私たちの体は「食べて吸収されたもの」でできています。

何を食べるかで体は変わるのだと思います。

基本食