アトピーとは、身体の中に溜まった老廃物が
皮膚から吐き出された状態
です。
この異常な排泄をアトピーと捉え、皮膚からではなく
「尿・便・生理(男性は体毛)」で正しい排泄ができるよう、
身体の仕組みを建て直す方法「れのあ式」です。

 

5つのれのあ式 ~アトピー改善に大切な5つの指針

1.血流を良くする

冷えは万病の元です。
「体温が1度上がると、免疫力は30%UPする」と言われています。
アトピーの方の多くは脇の体温が34~35度台、足の体温は22度の方もいらっしゃいました。
これでは摂取した栄養が身体全体に巡ることができないので、細胞が新陳代謝出来ません。
特別な入浴法と歩くという運動面から血行促進をサポートしていきます。

2.骨を丈夫にする

骨は身体の土台です。骨と免疫には深い関係があります。
2001年から提携医の元でレントゲンを撮ってきましたが、
ステロイドを使われてきた方はもちろん、その他のアトピーの方もみなさん骨に異常がありました。
毎日コツコツとカルシウムを摂取し、丈夫な骨つくりをしていくことが
健康な皮膚つくりをしていく基本です。

3.玄米の和食をいただく

私たちの身体は「食べて吸収されたもの」で作られています。
丈夫な体つくりのために、一物全体食(一つ丸ごといただく)や、
身土不二(地元で採れる物)の力のある食べ物をいただきましょう。
1日1回は玄米をいただき、和食を心がけます(玄米魚食)。
無農薬の食品・昔ながらの製法の国産調味料・添加物の少ない食生活をおすすめします。
しっかり噛むことで、栄養は吸収されやすくなります。

4.細胞レベルからのアプローチ

私たちの細胞1つ1つには、糖の鎖(くさり)が無数に付いています。
「糖鎖(とうさ)」と呼ばれ、細胞同士の情報交換を円滑にする働きをしています。
1つの細胞に多いものでは10万個も付いていると言われますが、現代人の糖鎖は減少しています。

糖鎖が減少すると、細胞同士の情報交換が上手くいかず、体内に侵入してきたウイルスやガン細胞などを認識できなくなります。すると免疫細胞は、本来の正常な働きが出来ません。血液型も糖鎖の配列で決まっています。
アトピーなど免疫疾患の方は、糖鎖の減少だけでなく、構造にも変異があると言われています。

糖鎖を増やしましょう。細胞同士が円滑にコミニュケーションを取れるようにすることで、
改善のための全ての努力を底上げし、改善のスピードUPに繋げます。

5.スキンケアで保護する

アトピーの皮膚は乾燥・赤み・ジュクジュク・硬いなど、皮膚本来の状態から離れています。
すると、皮膚の持つ菌の侵入を防ぐ働きや体温調節、水分保湿能力に欠けてきます。
後に黒ずませないためにも、適切なスキンケア方法を身に着け、
「元の皮膚より美しく」
を目指しましょう。

 

▼アトピー改善法についての記事はこちらから → 「31年間アトピーだけを追求。改善に必要な5つのこと
▼スキンケアについての記事はこちらから → 「【スキンケア方法】アトピーの状態によって使い分けよう
▼食事についての記事はこちらから → 「アトピー改善のために摂ってほしい食事・摂ってほしくない食事
▼赤ちゃんについての記事はこちらから → 「赤ちゃんがアトピー。本来のツルピカお肌に戻るためのポイント9つ