乳がんとアトピーを経験した管理栄養士・朋子のブログ(Blog)

今までの記事

 

    今年の節分は、124年ぶり!

    職場で節分の献立を相談していたとき
    何度もカレンダーを見直してしまいました
    あれ?節分2月2日なの?!
    なんでー??

     

    今年は、2月2日が節分です
    なんと、124年ぶりの2月2日なのだとか
    124年前は、明治30年
    エジソンが発明をしていた時代だとか

     

    次の2月2日の節分のとき
    124年前は「コロナウィルス感染症」の時代でしたとなるのかな

     

    さて、どんな時代になっていくのでしょう
    124年後のことは、さっぱり想像もつきませんが

     

    この時代を生き抜いていくことで少し知れるかな

     

    どうなりたいかは、あるとして
    どうなるかは、わからないですよね

     

    自分自身、乳癌を診断されたとき、アトピーの皮膚炎が酷くて辛かったとき
    そこから、立ち直った
    今の生活を予測することは出来なかったです

     

    でも、何とか踏ん張って
    しがみついて
    今より良くなりたいという思いがありました

     

    ブログへ体験したことや
    今の思いを書き綴ることで
    自分自身を客観的に感じることが出来るようになりました

     

    この体験は、わたしの宝物です

     

    今はまだ、日の出がゆっくりなので
    毎朝、朝日を見ながら車で通勤
    しています
    日に日に、日の出が早くなっていますね

     

    朝日は素晴らしいです
    力強さを感じます

     

    毎朝、朝日を見て、散歩をして健康を取り戻していった人達の経験談をいくつも聞きました

     

    闘病生活をしていたときは
    なんとか、起きて
    朝日を見ようとがんばりました
    でも、社会復帰をすると、朝日を見ることより、睡眠を優先するようになっていきました

     

    今は、出勤時間が早くなって
    朝日を見ながら通勤しています
    それが、とても気持ち良くて
    とっても幸せな気持ちです

     

    どんなに泣いた夜の後も
    いつも、朝はやってくる

     

    日の出に感動し
    朝日を気持ち良く感じられる
    そんな生活をこれからも続けていきたいと思います

     

    体験談
    日常生活のちょっとしたこと
    つぶやき
    大好きなお年寄りのこと
    管理栄養士としての栄養の話
    色々なことを書かせていただき
    読んでいただいたこと
    本当にありがとうございました!

    丈夫なからだになったこと、感謝してます

    職場では、手洗いや消毒をする回数が増え、さすがに手荒れが出てきました

     

    しかし、皮膚が今より弱かったときなら
    もっともっと荒れて、大変だったと思う

     

    今は、人並みに手荒れがある感じです

     

    週末はれのあへ行きました
    膀胱が元気がなくて…というか、残尿感…すぐにトイレに行きたくなって、行っても大して出ない…

     

    原因は

     

    筋力不足!
    運動不足!

     

    そして
    目の前で
    笛木さんが
    かっこよく
    しこを踏んで見せてくれた

     

    わたしも
    元気出して
    生活を楽しまなくちゃ
    と励まされます

     

    過去を振り返ると
    大きなことに悩みすぎていたと思うのです
    「癌」「アトピー」「生きるとは」「自分らしさとは」等々…

     

    大きな闇を抜けたけれど
    悩み癖は続いています

     

    しかし
    膀胱の悩みとか
    筋力不足とか
    今すぐ出来る解決方法がある悩みならば、ドンとこいですね

     

    丈夫になったからだに
    丈夫になる道筋を教えてもらえたれのあに
    感謝しています(^^)

     

    丈夫は大きくなると
    大丈夫!!

    こむらかえりの変な習慣でした

    こむらかえりになると
    ふくらはぎや、太ももの裏がつって
    痛くて痛くてたまらない

     

    寝ているとき
    バサッと布団をはいで
    こむらかえりの足をさすっていたり

     

    昼間、テレビを見ながら突然それはやって来たり

     

    暮らしはじめた数年前は
    しょっちゅう夫が
    こむらかえりになっていました

     

    運動してきた後になることも
    たまにはあったけれど
    そうばかりではなくて

     

    でも、昨年も、今年も、こむらかえりに襲われている夫の姿を見なくなりました

     

    これは
    水素風呂に入ってから起きた変化です

     

    毎日、ゆっくりと水素生成した湯船につなることは
    リラックス効果もあるみたい
    お風呂上がり、ニコニコしています(笑)

     

    冷え
    血行不良

     

    ここを解決すること
    本当に大事なことですね

     

    水素風呂は、毎日の生活の一部として出来ることなので
    本当に助かっています

    何かを止める薬よりも大事なこと

    冬になると

     

    毛糸のタイツかストッキング
    毛糸のパンツ
    お腹と背中にホッカイロを貼る

     

    20代、たくさん着込んで
    ホッカイロを常備して
    寒さをしのぐ生活習慣をしていました

     

    その当時の常備薬は
    鼻炎を止める薬
    皮膚の痒み、湿疹に塗るステロイド
    下痢を止める薬
    生理痛を和らげる薬
    食べ過ぎ時の胃薬など

     

    乳がんとアトピーの経験をきっかけに、れのあで体質改善を続けてきて、今は40代です

     

    上記の薬は必要なくなり、常備していません

     

    鼻水を止める
    痒み、湿疹を止める
    下痢を止める
    生理の痛みを止める
    胃の痛み不快感を止める
    もう、止めまくりです

     

    頑固で頑張り屋
    からだのお知らせを無視し続けて
    止めまくりで、頑張り続けていました

     

    止める薬を全部やめてから、10年以上過ぎました
    今の方が断然、調子が良いです
    健康観がすっかり変わりました

     

    高齢者施設で働きはじめたとき

     

    お年寄りが食事をしながら咳をしていると
    咳を止めてあげなくちゃと思いました

     

    でも、それは違いました

     

    お年寄りは咳をしながら、
    気管に入りそうなものを
    自分の力で出そうとして戦っていることがわかりました

     

    筋肉が弱っていたり
    病気の後遺症から麻痺があったりして
    咳を出せないお年寄りがいるなか
    力強い咳をしているお年寄りは頼もしく強さを感じます

     

    こうして、お年寄りのそばでお仕事を続けることが出来て

     

    止める薬を手放して
    生活習慣が変わって
    本当に良かったです

     

    止める薬のかわりにした、生活習慣の見直しは

     

    今は、れのあのInstagram、ホームページ、YouTubeで教えてもらえます!

     

    健康を取り戻して
    力強く生きていく人達を
    いつでも応援してもらえますよー!

    小豆は砂糖なしで食べます

    暦は小正月

     

    小正月には小豆粥を食べ、無病息災を祈ります
    小豆のように赤い色の食べものは邪気を払うと考えられています
    祝い事の席には、小豆を使った赤飯などがつきものですね
    ~暮らしの歳時記より~

     

    そこで
    小豆について
    栄養面から
    おさらいをしてみようと思います

     

    腎の元気がないとき
    「小豆」は、頼もしい食品です

     

    れのあに通いはじめた頃
    小豆を使った食せんをすすめてもらい
    特によく食べていました

     

    不思議と尿の出が良くなって
    むくみが和らいでいきました

     

    ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

     

    こんにゃく(1/2丁)125g
    食物繊維2.8g

     

    ごぼう(きんぴら1食分)50g
    食物繊維2.9g

     

    お饅頭1個分のゆで小豆を30gとすると
    食物繊維は3.5gになります

     

    ゆで小豆は、食物繊維が豊富です

     

    ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

     

    さらに、塩分、水分を排出してむくみ予防になるカリウムや、
    エネルギー代謝、脂質の代謝、たんぱく質代謝を助けてくれる、水溶性ビタミン類も豊富に含まれています

     

    小豆に含まれる栄養成分は、水に溶け出しやすいので、煮汁ごと飲むと、栄養をムダにしないでとることができます

     

    小豆は、排出、代謝という、デトックス効果のあるミネラル、ビタミン類をバランスよく含んでいます

     

    小豆は、腎のはたらきを助けてくれますから
    ちょっと弱ったとき
    毎日少しずつ食べることをおすすめします

     

    追記…
    腎の小豆の食せんは、砂糖抜きです
    お饅頭を毎日食べることではありませんよー
    はじめは違和感があっただろう砂糖なしの小豆が
    食べ慣れてしまうと
    それが普通になってしまうことが不思議ですね