まさかのインフルエンザ発症

お正月休みがおわり、さぁ明日から仕事だという時に、夫がインフルエンザを発症した

私の職場は、同居の家族がインフルエンザを発症した場合、7日間の出勤停止の規則がある
黙って出勤してもいいか…しかしなぁ、もしも、お年寄りがインフルエンザ、肺炎になって、
もしもの事が起きたら…怖い…規則に従って、自宅待機をした
と言っても、近所を散歩したり、いつも行けない朝市で新鮮な野菜を買ったり
体が怠けてしまわないように、なるべく動いた

仕事をしている日々では、お惣菜を買ったり外食もしているけれど、
家にいた7日間は、しっかり自炊が出来た
毎日、毎食、家族のためとはいえ、ご飯の支度をするのも、楽ではないなぁと、
週の後半は心から思った

夫のインフルエンザは、年末年始休暇の食べ過ぎ飲み過ぎで弱っていたとき、
出掛け先の友人からインフルエンザを、しっかりもらってきて発症した
夫は高熱が出ないインフルエンザだったので、病院からの処方薬は鼻水を止める薬だけだった
鼻炎薬しか処方されないことを、夫は気にしていたけれど、
私は良かったと思ったし、鼻水は止めない方が良いよとすすめた

私は、インフルエンザを発症したくなかったので、
水素風呂に入って、鼻うがいして、サプリメントを飲んで、しっかり歩くを徹底した
料理のお水は、必ずコアに数回通した

休みの間、いつもよりトイレの回数が多かった
7日間のうち、1日だけ鼻水が止まらない日があった
1日鼻水を出していたら、翌日には出なくなって、その代わり、にきびが出た
しっかり、排出できていたからか、インフルエンザは、発症しなかった

夫は、5日目の夕方、すっごくうんちが出たらしい、
そして、カラダに取り付いていたものが出た感じがすると、
清々しい顔をして言っていた
カラダのこわばりがとれて、体調が回復していった

そして、今日から仕事に復帰した
いつもと変わらないお年寄りのお顔、笑顔が見れてホッと安心したし、嬉しかった

今年は予定外に長いお正月休みになったけれど、私も心とカラダを休めることが出来たし、
少しまた強くなったように感じる

こんなお休みも、まぁ、良かったかな