ささくれ立つをととのえる

今週の、れのあメルマガを読んで、ハッとしたことがありました
笛木さんが書いていた、ささくれのことが、すごく身に覚えがあったのです

 

引用
『乾燥状態が続くと、皮膚がささくれ立ってきます。
ささくれは剥きたいですねぇ!?
ひまさえあれば剥いている方いませんか?
気になって剥いてしまう気持ちはわかりますが、
剥いたら悪化しますよ

やることは逆です!
接着して下さいね。
明肌逢(めきあ)水分補給しましょう。
そしてエッセンス修復してあげて下さいね。
クリーム#2で蓋をして水分が逃げてしまうのを防ぎましょう
これをこまめに繰り返して黒ずみを防ぎませんか

暖かい春が待ち遠しいですね~♪』

引用おわり

ささくれ立つ場所と言えば、手の指先と思いきや、わたしの荒れた足裏は、
ささくれ立っていると言う言葉がしっくり当てはまります

そして、ささくれを剥がすことが習慣になっていますね…
足裏のケアは、やったりやらなかったりでしたね…

習慣を入れ替えて、足裏の皮膚をボリボリ剥がさないこと
お風呂上がりのケアを基本通り毎日やること

足裏の皮膚を剥がさないでケアした翌日は、当たり前かもしれませんが、
綺麗な皮膚になっていて、嬉しくなりました

痒くなると、ボリボリ掻いてしまって、皮膚を剥がしていることもありますが、
治す意識をしっかり持って、取り組んでいこうと思います