ゴールデンウィークがおわって

キャベツ帽子

ゴールデンウィークがおわって、いつもの電車やバスは、通勤や通学の人が戻ってきました

職場の高齢者施設は、ゴールデンウィークの間、お年寄りにとっては、
孫やひ孫、玄孫まで、普段会えない家族の訪問があって、にぎやかでした

わたしはと言うと、前半にお休みを使って長野でリフレッシュしたのですが、
帰り道、高熱が出て救急外来へ受診することになりました

家に帰ってからは、おでこを夫がタオルで冷やしてくれて…ポッ(#^^#)

ところが、意識もうろう、熱にうなされながら、キャベツの帽子をかぶりたいから、キャベツ買ってきてと頼んでいた

今は、夜中だから、明日の朝、買ってくるよと諭されながら眠りました

一般的な熱さまシートも、おでこに貼ってみたけれど、熱が出たときわたしはキャベツの帽子をかぶりたい
かぶってみると、ひんやり気持ち良くて、こっちが好きなのです

頭に1枚、2枚とかぶり、体の熱くて辛い場所へ、キャベツをちぎってくっつけて、食欲なく、ひたすら眠りました

2日寝込んで、3日目には熱も下がって、元気になりました

熱が出て大変だったよと、実家へ電話で話していたら、
あら、知恵熱かしらねと母は言っていた大袈裟にされないところが、ちょうど良いのです
電話をしたのは、熱が出たけれど、わたしは元気だよ、元気になったよと伝えたかったのかなと思う

こんな時、ひとりでないことが、心強かった
夫が居てくれて、弱い自分をさらけ出していることが、ありがたかった

熱の原因は長野で蕎麦を食べ過ぎたこと
普段のまない日本酒を飲んで、酔っ払ったこと

しかしながら、楽しい旅だったので、これも良しとしたい
 
 

キャベツ帽子 

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
アトピーくらぶ れのあ