歩いて元気になるは、本当なのか?!

れのあ町田店温熱などを受けに出掛けた週末は、からっと晴れた、何とも気持ちの良い日でした

帰り道、れのあの玄関を出て、そのまま、公園の中をスタスタと歩いていると、緑の葉っぱ桜の木土のにおいが混ざり合った、においがしてきた

気持ち良く風に吹かれながら、公園の中を歩いていると、子どもの頃を思い出すような、懐かしい感覚が蘇ってきて、泣きそうになった

 

この道を、不安な気持ちで歩いた日、温かい気持ちで歩いた日、前向きだったとき、後ろ向きだったとき、空回りの日々、いろんなことを感じながら歩いてきた思い出が蘇った

アトピー治すと決意して、れのあへ通いはじめた数年前は、今のように体調が安定していなかった
けれども、いつもいつも、歩くことを勧められた

歩いて元気になる!!
歩いて元気になる??
素直に言われるままに、歩く時間を優先する生活をした

れのあから、最寄り駅までは、一本道だ、その行き帰り、公園を歩いたり、商店街横道へそれたりして、なるべく遠回りをして歩く時間を確保していた
特に帰り道は、公園の中をぐるぐるまわったり、ベンチでひと休みしたり、歩き回って時間を潰していた

最近は、れのあからへの一本道を、まっすぐ帰ることが多かった
今日は、久しぶりに公園を通って帰る
公園階段を登りきる時、足が重たくて、以前はすごく辛かった

けれども、今は辛くないことに気が付いた

体力がないから、歩けない
体力がついたら、歩こう

わたしは、体力がないからこそ、歩くことを選んだ

しんどいときに、一生懸命歩いてきたら、少しずつ、少しずつ、1年、また1年、からだは強くなってくれた

歩くだけで、元気になったわけではないけれど

わたしは、歩いて元気になりましたと、今なら、胸を張って言います

コメントを残す