お年寄りと喫茶店

職場の老人ホームは、ひと月にいちど、喫茶の日があります

市内のボランティアの方達と、パン屋さんが参加してくださり、その日は、1日にぎやかになります

喫茶の日を、毎月楽しみにしているお年寄りも多いです

しかしながら、多くの認知症のある方達は、忘れています
その日、その場、その時を楽しんでくださいます

今日は喫茶の日ですよ
美味しいコーヒーや甘酒を飲みに行きましょうと、お誘いすると、たいがいの方は、何のことやら、とりあえず行ってみましょうとなります

中には、お誘いが難しいお年寄りもいます

わからないから、行きたくないとか、ここにいるのがいいと言って、かえって不機嫌にさせてしまうこともあります

でも、せっかくだから、と言うよりは、一緒に楽しみたいから、何とか、かんとかお誘いします

今月お誘いしたお年寄りも、お誘いするのが、難しくて、あまり参加されていない方でした

以前、いちど車椅子を押して参加してみたけれど、喫茶店のにぎやかな様子に驚いて、不安そうにさせてしまい、直ぐに元の場所へ帰りました

それから、何日、何ヶ月かの間、信頼関係をつくろうと思いました
ちょくちょく、世間話をしにいきました
覚えてもらえたなぁと言う実感が出て来ていました
今月は良いかもしれないと思って、お出掛けしましょうと尋ねると、嫌がる感じはありませんでした
車椅子を押して、一緒に喫茶店へ行ってみました

前とは違って、穏やかなお顔で、いろいろお話しをしてくれました
窓の外を指さして、山かえ?と言ったり
隣り合わせた、お年寄りへも挨拶したり、良い時間を過ごしました

目を合わせてお話しすると、いつもはスッと目をそらされてしまうけれど、喫茶店では、じっとそのまま、お話しをしてくださいました

97歳になられる方です
今は認知症の診断がありますが、昔は、とても働き者なお母さんだったと聞きます

あなたも、背筋をしゃんとして生きなさいよ、と言われている気がして、お年寄りとの会話が、私は励みになります

暑くなったり、肌寒かったり、気温差が気になる日々ですが、背筋をしゃんとして、体調よく生活したいものです

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
アトピーくらぶ れのあ