ゴロゴロしながら、回復するのか?!

“寝る子は育つ

細胞は寝ている間に回復する

病人は寝ることが仕事

 

休職していた療養中は、しっかり睡眠をとっていました
いつでも寝れたからね

社会復帰してから、役割、やりたいことを見つけ、出掛けたり、調べたり、勉強していたら深夜になって、睡眠時間を削っている

すると、からだに不調が出てくる、わたしの場合、便秘だ
便秘になると、からだは、重くダルくなる

安眠シートがあるからといって、睡眠時間の確保を怠って良いわけではなかった

ついついしている夜更かし、気を付けなくちゃと反省している

そして、しっかり寝て、しっかり食べたら、出るもの出てくれて、スッキリ感を感じられるカラダに感謝しています

勉強よりも、カラダを動かす秋にしたい

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
アトピーくらぶ れのあ