がんばらない料理をしています♪

夏の間は、コトコト煮る料理を作る気にならず、焼く炒める火を使う時間がパパッと短い料理ばかりしていました
フライパンの出番が多かったです

 

煮えた野菜を食べたのは、味噌汁汁物くらいだったかな

 

スーパーに行くと、めんつゆ素麺が並んでいた棚は、鍋物のつゆに変わっていました

 

気温が下がってきて、煮る料理を作りたくなっています

 

奥に閉まっておいた、煮物用の鍋の出番が増えました

 

昨日は、買ってきたサンマを、煮付けにして食べました

 

きのこワカメ人参レンコンを鍋に入れて、コトコト煮ます
沸騰したところで、サンマを投入、
みりんれのあの美味しいお醤油を同量位ずつ足して、少しするとサンマが、ふっくらと柔らかく煮えました

 

栄養の会で、料亭で板前をしている料理人さんの講演を、聞いたことがありました

 

料亭では、丁寧にだしをとったお料理をお客さんに来てもらって、お金を払ってもらっています
家庭で、料亭の味を目指さなくていいですよ
みなさんは、家庭料理を大切にしてくださいと言う言葉が、記憶に残りました

 

講演の中で、家庭料理の煮魚の作り方を教えてもらいました

 

それは、きのこ海藻、をコトコト火にかけて、お醤油を少したらす

 

3つの食材から、それぞれのだしが出て、十分おいしくなります
家庭料理はこういう事だよと教えてもらいました

 

がんばらなくていいんだよと言われると、ホッとします

 

がんばることを止めてから、全然、がんばっていないから、そんな自分を認めてもらえた気持ちになるのかな

 

どこかで、がんばっていないことに、罪悪感や後ろめたさを持ちながら生きているところがあります

 

この感情は、何なのだろう

 

煮魚の話に戻ります

 

鍋に食材を入れて、コトコト煮るだけなので、煮魚の調理は助かります
煮ている間に、他のことが出来ますから、時短になります

 

そして、調理の前のひと手間が大事だと教えられました

 

はじめに魚を煮こぼして、臭みをとる、ひと手間をしておくこと

 

実はすっかり忘れていました
あの時の講演を思い出して、はじめに煮こぼすことを、思い出しました

 

次回の煮魚は、ひと手間、魚を煮こぼしてから、作ることにします♪

 

煮こぼす…沸騰したお湯へ、魚をサッと入れて、サッと取り出すことです

 

コアのお水につけておいた魚は、そのまま煮ても変な脂浮きがなくて、煮こぼすことをしなくなったかもなぁ

 

なぜそうなったのかなぜそれをしているのかひとつひとつを紐解いていくと、おもしろいですね

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
アトピーくらぶ れのあ