安眠シートを首へ巻いてみた

先月のおわり頃から、すっきりしない体調が続いて、週末に来ていた台風の度に、カラダがダルくなっていました

 

今月になって直ぐのお休みの日は、1日中、鼻水が止まらなくなりました

 

翌日、鼻炎は治まって、咳がひどくでました

 

それでも、朝になるとパチッと目が覚めて、スッと起き上がることが出来るから(←これは亜鉛のおかげ)
酷い鼻声のまま、仕事に行きました

 

しかしながら、思考はぼやけていて、デスクワークが進まない!

 

早退しながら、医者へ寄ると
「今ね、あなたみたいな症状の風邪の人多いよ」
「あれ…そんなに、のど腫れていないね」

 

何だかわからないけれど、体調が悪いですは、心配されるので、職場へ知らせるため、診断してもらいに、医者へ行くことが度々あります

 

この時は、医者へ行った途端に、何だか治ってきたなぁ…って感覚がありました

 

薬に頼らず、風邪の症状を自宅に居ながら回復できたのは、鼻うがいと水素風呂、安眠シートを活用したのが良かったと思います

 

鼻炎の酷いときの鼻うがいは、1回1本は物足りなくて、2本分すると、鼻がスッキリして爽快でした

 

水素風呂は、湯船に入って10分近くなると、ジワジワ汗が出てきそうになって、10分過ぎる頃から、額や首から汗が出てくる感覚をしっかり感じました

 

咳をしていたら、のどのまわりが苦しかったり、痛んだので、首にハンカチを巻きました
ハンカチだけじゃなくて、安眠シートも巻いてみたら、これがすごく良かったです

 

そして、週末は、れのあの予約日でしたので、温熱とデトックスルームで、すっかり元気になりました

 

月曜から、デスクワークがパッパッと進みました

 

風邪の症状があるときとないときで、物事を判断するスピードがこんなに変わってしまうのかぁ、と驚きます

 

健康な生活は、自分自身を助けてくれていることに、気が付きまし

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
アトピーくらぶ れのあ