土鍋ご飯は、ほっこりします

数ヶ月前、オリゴスキャンの結果から、重金属が蓄積されていることがわかりました

 

毎日、口にしているもの、お水とご飯の質が気になりました

 

水道水は、浄水器を付け替えて、引き続きコアを使うこと
ご飯は電気炊飯器から、土鍋で炊くことに変えました

 

あれから、数ヶ月、土鍋でご飯を炊く習慣が定着しました

 

日常の雑穀ご飯は二合用の土鍋を使って炊きます
炊き込みご飯、きのこご飯、栗ご飯とか、お楽しみの具沢山ごはんを炊くときは、少し大きめの鍋を使っています

 

土鍋から聞こえてくる、パチパチッの音と、出てくる湯気が少しだけおこげのにおいがしてきたら、炊き上がりです
15分くらいで炊けちゃいます

 

炊き立てご飯を食べる時、夫とほっこりしあわせな感じになります

 

寒くなるこれからは、ほっこりご飯の時間を楽しみに、がんばっていこうと思います

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
アトピーくらぶ れのあ