夫婦は、いつの間にか健康になる

夫と暮らしはじめた頃、彼は寝る前に下剤を飲む習慣がありました

 

食生活を聞いていると、朝はパンとカットサラダ、昼は社食、夕食は牛丼屋かスーパーのお惣菜を食べていました
休みの日、自炊はインスタントラーメンをつくることです

 

何となくでしたが、一緒に食事を食べて暮らしていくと、夫の下剤はいらなくなるだろうなぁと、未来予測をしていました

 

白米を食べている夫に、玄米や雑穀ご飯を食べてもらえるか、はじめは気になりました

 

あなたの健康にも良いのよ、という言葉より、わたしは、自分の健康のために食べている
自分の健康のために、水素風呂に入ります
と伝えた方が、受け入れられることがわかりました

 

自分のやりたいことを、一緒にやろう、やってほしい、やってもいいかなぁ…こういう事が、こわくて中々言えなかった

 

けれども、自分がやりたいことを、やりますと言って良かったんだ、今は思えるようになりました

 

結婚してもうすぐ2年になります

 

夫は下剤がいらなくなって、うんちがよく出るよー、1日に2回か3回出るよ、参ったなぁと笑っている
ついでに、しょっちゅう、出来ては治るを繰り返していた口内炎も、この頃ない様子

 

乳ガン治療を経験したり、アトピーが治るまでの痒くて痛くて、ダルい日常生活は、とても苦しかった
結婚を諦め、1人で生きていく段取りを考えていました

 

けれども、職場の先輩から、気の合いそうな人を紹介するから、ご飯くらいは行ってみたらどうかしらと、誘っていただいたきっかけから、お見合いの形で会うことになりました
見立て通りに気が合いまして、とんとん拍子に結婚しました

 

夫婦並んでご飯を食べたり、ちょっとしたことで笑い合える今の日常生活は、温かくて幸せです♪

 

生きてきて良かった、この温かさのために生きていきたいと、しみじみ感じるのです

 

人の縁のありがたさに、感謝の気持ちを繰り返し感じています

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
アトピーくらぶ れのあ