心が落ち着いた言葉

~ガンの辞典より引用~

 

ガンという病気になったことは手放しで喜べなくとも、それをきっかけに青空を取り戻し、あなたの本当の人生の物語を進めていくだけで、あなたの周囲を幸せな気持ちにします。

 

もし、親や環境から受けた心の負の遺産があり、ガンがそれに気づかせてくれたなら、負の連鎖を断ち切るチャンスです。あなたで止めることができれば、次世代へのプレゼントになります。

 

より良い社会は、制度を変え環境を整えることだけで実現されるのではありません。ひとり一人が、自分の青空で生きると、世の中はもっと素晴らしくなっていきます。

 

この世は愛に充ちている。
人生は美しい。

 

~引用おわり~

 

ふと、書き留めておいた言葉です

 

昨年末、職場の先輩が乳ガン治療のため、休職することを発表されました

 

先輩を応援する気持ちと、過去の自分を負の思い出として思い出し、どうしようもない気持ちになり、そんな自分にガッカリした

 

そんな時、書き留めていた言葉を読んで、スッーと心のざわざわしたものが治まった

 

そうだ、わたしはわたしを生きているのだ

 

休職前に先輩と話をする機会があって、過去の乳ガン治療の経験を話しました

 

そして、先輩から
とても励まされたよ、話せて良かったと言葉をいただいた

 

あの時、頑張ったこと
あの時、諦めなかったこと
あの時の悔しさ、痛み、恥じた自分の過去が、励ましに変わっていた

 

経験を生かすとは、こういうことなのだろう

 

私事ですが、2度目の結婚記念日を迎え、結婚生活3年目になりました

 

助け合いながら、毎日を暮らしています

 

乳ガンとアトピーを経験し、体質改善に取り組む中で、はじめはずっと隣の人の青空をうらやみ追いかけていました

 

今は、少しずつ自分の青空を見つめ、自分の真上を見上げられるようになりました
隣をうらやむ気持ちも出るけれど、それも良し

 

この世は愛に充ちていて、人生は美しいです

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
朋子

最新記事 by 朋子 (全て見る)

コメントを残す

アトピーくらぶ れのあ