じわり涙がこぼれたブログを紹介

~月よみ Smile Lifeより引用~

 

寒く厳しい冬の経験が、私を支える土壌(基盤)になり
そこに、希望という種が蒔かれます

 

そこに芽吹く新たな命
その命を、大事に大切に育てていきたい

 

深く静かなところから
声が聞こえてきました

 

・・・

・・・

 

「助けて」

 

・・・

 

助けて

 

・・・

 

「助けて」

 

その声はどんどん大きくなり
やがて耳元で響き始め

 

私はその声
無視できなくなりました

 

もう立ち上がれない

 

「もう歩けない」

 

もう前に進めない

 

それは、私の女性性の声でした

 

弱くて繊細

 

脆くて柔らかい

 

私の中の女性性の叫び声でした

 

私の中の男性性は

 

動かないことを決断し

 

止まることを行動に移しました

 

そして、女性性に寄り添い

 

その声を聞き続けました

 

その声は、外側の大きな声

 

すぐ掻き消されてしまう

 

だから集中して、内側に意識を向け続けました

 

次第に、私の内なる女性性と男性性は、しっかりと会話をし始めました

 

私は女性性の小さな望み

 

叶えるためだけに

 

男性性の行動の力を使いました

 

やがて、少しづつだけど確実に

 

女性性男性性

 

仲直りしていきました

 

私は長い間

 

弱くて繊細で脆くて柔らかい

 

女性性の声を無視し続け

 

長いあいだ無理をさせてきました

 

もう無理」って言ってた時

 

「そんなこと言わないで頑張ろうよ」って僕は強く手を引き

 

もうできない」って言ってた時

 

「大丈夫絶対できるよ」って僕は

 

けして動くことを止めなかった

 

そして、ずっといつも

 

そのことを繰り返してきました

 

体を壊したあの時も

 

挫折したあの時も

 

駄目な自分を認めず

 

できない自分を責め続け

 

もっと強くならないとって

 

自分を守る鎧を着て

 

戦うための剣を持ち

 

そして、私は

 

どんどん男になっていき

 

私の中の女性性は

 

どんどん疲弊していきました

 

これまで

 

女性性にも向き合い

 

癒してきたつもりだったけど、私は何もわかってなかった

 

完全に統合の時代に入った、今

 

私の中の女性性は、自分の中にあった分離に気づきました

 

教えてくれてありがとう

 

今まで無理させてごめんね

 

これまでのこと許してね

 

愛してるよ

 

これからは

 

自分の源に繋がり
女性性の囁く小さな声を聞く

 

小さくても私だけの光を見つけ
大事に育んでいく

 

もう外側に惑わされない

 

自分の内側に全てある

 

自分にエネルギーを戻し

 

今ここに集中する

 

使っていた剣は
自分の女性性を守るために使う

 

自分の軸を持ち

 

自分がどう感じるかを大切

 

自分にとっての真実だけに耳を傾け

 

真実を生きる覚悟をする

 

~月よみ Smile Life~引用おわり~

 

仕事帰りのバスの中、読んだブログ記事です

 

過去の自分に、会いに行くような感覚になり、じわり涙が出て、癒やされました

 

私にとって、アトピーと乳癌の経験は、まさに鎧を脱ぐためのお知らせでした
一度では気付かず、受け入れられず、何度お知らせをもらったことか…

 

言いたいことを言わない、我慢強かった過去
こうしたい、こうしてほしい、お願いします、ごめんなさいが言えなかった過去

 

こういう時代を通り抜けて今の自分になった

 

喜びを感じる、不安を感じる、良い感じがするとき、嫌な感じがするとき、感じる心の感覚と仲良くしていこう♪

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
アトピーくらぶ れのあ