早寝早起きは心も健康になる

職場の高齢者施設では、時折、新しく入居されるお年寄りをお迎えします

 

入居されてから、お年寄りがぐんぐん元気になることがあります

 

そんな変化を不思議に思っていたら、家族から教えてもらいました

 

お家にいたときは、遅くまで起きていて夜更かしだったのよ

 

中々寝付けなくて、睡眠導入剤を処方してもらっていた

 

足腰痛くてしょうがなくて、痛み止めをよく飲んでいた

 

食欲がなくて、いつも元気がなかった

 

入居されると、多くのお年寄りが、夜8時には、ベットで横になっています

 

朝は、日の出前に、目を覚ましている方が多いと聞きます

 

家族から、お薬を減らしてあげたいと希望があって、睡眠導入剤は飲まないことになりました

 

痛み止めは、どうしても痛いときに飲むようになりました

 

時々、お家に帰ると、お年寄りの変化に家族が気付いたそうです

 

もりもり食べて、8時過ぎると、自分でお布団に入るようになりました

 

長年の悩みだった、腰の痛みは、不思議となくなった

 

顔色が良くなって、元気になった

 

早寝早起きって、からだに良いんだなぁと感じてますと家族からお話がありました

 

はじめましての頃よりも、表情がやわらかく、にこっとされたときのお年寄りの笑顔に、わたしも癒やされています

 

お薬を飲まないと、眠れないかもしれない
お薬を飲まないと、痛みが出るかもしれない

 

お薬を飲むことで得られる痛みの緩和と安心感
飲まないと決めてからの揺れる気持ち
薬に頼らなくなってから感じた、清々しい健康観

 

自分の経験と、目の前のお年寄りの姿が鏡のように感じています

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
朋子

最新記事 by 朋子 (全て見る)

アトピーくらぶ れのあ