3月の慌ただしさを感じています

会社では、年度末の慌ただしさと、次に迎える新たな年度への期待と憂鬱を感じながら過ごしています

 

あらまぁ、憂鬱なの?!
そういう気持ちもありますよね、人間らしくて、良いじゃありませんか^^

 

桜が咲いたら、お散歩に行きましょうね、お年寄りと話す会話に春の話題が増えています

 

職場は少し田舎にあって、9割の職員が車通勤ですが、わたしは電車とバスで通っています

 

少し田舎だから感じること、出来ること、歩いているから、ゆっくり眺められる景色があります

 

わたし自身は病気療養中、自然を求めて、富士山の麓や長野の森の中へよく出掛けていました
清らかに流れる小川、原生林、土や草木に触れていると、癒やされるものがありました

 

ゆっくり、深く、深呼吸をして、3月の憂鬱に付き合っていこうと思います

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
アトピーくらぶ れのあ