帯状疱疹のその後

10連休明け、脇腹が痛くて医者に行ったところ、帯状疱疹と診断を受けました

 

あれから、2週間たちました
今では発疹や痛みはなくなりました

 

10年前、帯状疱疹を発症したときは、発疹や痛みがしくこく続いて本当に辛かった
抗ウイルス薬を飲み、痛み止めの点滴もして、一生懸命もがきながら、何かをいつも我慢して、不満を感じて生活していました

 

2週間前、帯状疱疹とわかったとき、昔の辛かった記憶を思い出して、とても不安になりました
それに、帯状疱疹の後、乳がんの診断を受けていたので、不安は膨らむばかりでした

 

医者に行くと、自然治癒もできるけど、早く治したかったら薬を飲むこと

 

わたしは、早く治すことより、確実に治癒したいので、薬を飲むことを選択しませんでした

 

からだの声に耳を傾け、自分を信じる時間がはじまりました

 

やったことは
水素の足浴を毎日した
乳酸菌を、多めに飲んだ
安眠シートを痛むところに貼り付けて生活した
れのあへ行き、オリゴスキャンを受け、デトックスルームでデトックスした

 

水素の足湯をした後は、発疹が薄くなって、痛みが和らぎました
からだが楽になるので、毎日続けました
乳酸菌を飲んだおかげで、たくさん排便がありました

 

そして、れのあへ来店すると、自分を信じることは自然なことに思えて、不安感が和らいでいきました

 

今は、10年前のわたしと、今のわたしは、別人のように感じられます

 

何かあると、心配で、ビビりな心が出るけれど、それも大切なことなのだと、立ち止まることができました

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
アトピーくらぶ れのあ