冷房と仲良く暮らす

2~3年前か、もしかしたら昨年、割と最近まで、冷房が嫌いでした

 

夏は、冷房が効いていない、生暖かい部屋にいることが好みでした
職場、電車、バスの中、冷房が効いている場所では、イヤだなって思いながら、いつも我慢していました

 

長袖を着て、暖かいようにズボンの下にもしっかり着込んで、それでも、冷房負けが酷く、体調を崩すことが多かったです

 

今年の夏、気が付けば半袖のポロシャツで、いつも働いています

 

事務所内で仕事して、ヤバーい冷えてきたーって気になるときは、事務作業を中断して、お年寄りのいるところへ行きます

 

散歩したい方がいれば、いっしょに散歩して、お話ししたい方がいたら、お話しをして、1階、2階、3階、ぐるりと施設の中を動きます

 

途中、スタッフに呼び止められて、相談したり、爆笑したりして、事務作業へ戻ると、同じ事務所だけれど、もう寒く感じません

 

それから、朝のバス通勤をやめて、歩くようになりました
夏の暑い時期は、バス通勤にしようかなと思いながら、まだ歩いています
汗をかいて着替えた後、冷房の部屋の気持ち良さは本当にありがたいです

 

汗をかいたり冷やしたり、カラダが疲れちゃうでしょと感じても、家に帰って水素風呂にゆったりつかり、安眠シートをひいて寝て起きると、翌日も同じように、カラダが動きます

 

週末、れのあ来店で測定すると、冷房負けしてお腹が冷えていることがわかりました

 

冷房に気持ち負けしなくなったけれど、お腹は大事にしなくちゃね

 

色々あって、今年も昨年より元気に夏を過ごしています!

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
アトピーくらぶ れのあ