むかしは、敏感なお腹でした

子どもの頃、体育館に集まる全校集会の日が恐怖でした
いつも、お腹が痛くなっていたからです

 

家では、お腹が痛いとき、祖母がおまじないをかけてくれました
祖母が用意してくれた、腹巻きと梅干しを漬けたエキスを薄めたものを飲むと、落ち着きました

 

緊張しやすく、神経質な子ども時代だったように思います

 

成長してからも、その性質は続きました
本当の自分は、そうではないのに、ちゃんとしなくちゃ精神が強く、自分を自分で見張っては、いつも緊張していました

 

ところが、アトピーと乳がんを経験して、れのあに通い、体質改善をしていくうちに、緊張感が緩められるようになりました

 

そしたら、過敏で神経質だったお腹は、普通のお腹になりました

 

身体の安定が、心の安定に繋がったのか
心の安定が、身体の安定に繋がったのか
どちらにせよ、今がいちばん生きやすさを感じています

 

体質改善中に、たくさんの大丈夫だよと声をかけてもらって生きてきました

 

今は、目の前のお年寄りの心に寄り添って、大丈夫だよとおまじないを掛けていこうと思っています

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
アトピーくらぶ れのあ