先輩経験者の言葉

健康であることに
必要なこと

 

・食を大切にしている

・がんばらない

・自分をいちばんにする

 

たまたま、お話しの中で、50代で乳癌を経験して、20年たちましたと言う方とお話しをしました

 

ずっと、顔を知っていて、話す機会もあったけれど、何年間もお互いに経験者であることに気が付きませんでした

 

わたしは乳癌を経験したとき、元気になっている経験者の人達が、こんなにもいることを、考えられないときがありました

 

ひとり閉じこもっていたところから、外へ出てみると、様々な出会いが繋がっていきました

 

先輩経験者の、この方に、気を付けてきたことはありますかと聞きました

 

「いちばん気を付けているのは、食かな

 あとは、がんばらないこと
 当時、親からは、自分をいちばんにしなさいねと、言われたわよ」

 

先輩経験者の方の言葉は、励みになり、ありがたい時間でした

 

「いちばん気を付けているのは、食かな」

 

この言葉、美魔女と言われる年代の健康的で美しい方々も言っていました

 

おいしく、楽しく、美と健康に繋がる食生活をしていきたいもので

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
アトピーくらぶ れのあ