姿勢をよくしたら、お腹に良かった話

職場の出入り口、開けっ放しの扉の目の前に、わたしのデスクはあります

 

開けっ放しの扉の前を、たくさんの人たちが通っていきます

 

パソコンの大きなデスクトップに隠れるように、背中を丸めて作業する習慣になっていました

 

ふと、祖母の話を思い出しました

 

母方の祖母は、わたしよりも大きくて、お年寄りの中に入ると頭ひとつ身長が高くて目立ちました

 

90代になったときも、腰が曲がっていないことが、祖母の自慢でした

 

なぜ、腰が曲がらなかったのかという物語を、祖母は何度も話して聞かせてくれました

 

まだ、祖母が幼い頃の話し
すでに背が高くて、女のくせに大きいことが、とても恥ずかしくて、いつも背中を丸めて、小さく見えるようにしていたという

 

そんな祖母へ、お姉さんが、そんな格好していたら、余計にかっこ悪い
シャキッと背筋を伸ばしていなさいと言ったという

 

大好きなお姉さんの言うことを聞いて、シャキッと背筋を伸ばして生きてきたら、90歳を過ぎても背中が丸まっていないよ

 

何度も聞いてきた、祖母の言葉を思い出しました

 

背中をシャキッとしてみたら、椅子の高さや、パソコンの画面の位置がチグハグでした

 

今まで座っていた、椅子の高さを調節して、分厚い座布団も使って、椅子と自分の足の高さを合わせました

 

椅子と足の高さがちょうど良くなったら、自然に背筋が丸まらなくなりました

 

姿勢が良くなったら、お腹の調子も良くなりました(笑)

 

背中シャキン!

 

祖母の思い出に温かい気持ちになりながら、姿勢の大切さを実感しています♪

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
朋子

最新記事 by 朋子 (全て見る)

アトピーくらぶ れのあ