ふれあう心を感じました

~引用~

 

せわしい時、
疲れた時、
介護は作業になる

 

作業にすれば、心の揺れを感じないですむから。

 

でもほんとうは、心の奥は、知っている

 

この、

 

私だけの感情をていねいに味わって、
あなたと心ふれ合わせ

 

生きたいってことを

 

~介護施設で働く漫画家、高橋恵子さんの絵とことばより引用~

 

あの時
私自身の心の揺れを大切にしていたら
しんどい
お手上げ
休ませてー
これが好き
これは嫌
感情に蓋をして
自分さえ我慢すればいい
今だけ我慢すればいい

 

そんな続きに、病気はやって来たように思える

 

今は、ていねいにすることの大切さを痛いほどに知りました

 

自分の感情に正直に付き合うことが、おもしろくなりました

 

だから、目の前のお年寄りのころころ変化する心、言葉も愛おしい

 

若年性認知症のお若い方がいます
今朝は、ニコッとして、近付いてきて、手を握ってくれました

 

やさしい人達に囲まれています

 

病気になる前の自分の生き方とは、全然違う日々になりました

 

自分の心、相手の心が大切で、
ていねいな毎日を過ごしています

(更新日: 2020-06-02)

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
アトピーくらぶ れのあ