自粛期間と体調管理

3月のおわりから
その先の講演会、セミナー、生涯学習教育、お料理教室等々
そして町田のれのあも、自粛期間となり、お仕事以外の遠出はなくなりました

 

そこで実感したことは
それまで
お仕事が休みの日
いかに家にいなかったか、と言うことです

 

そして
自粛生活が始まっても

 

お家で過ごす時間
何かしなくちゃいけない

 

いつもは、出来ないことをしなくちゃいけない

 

何もしなくても、過ぎていく時間に
変な焦りを感じていました

 

そういうところなんだよなぁ

 

焦らなくて大丈夫

 

何もしていないと言いながら
何かしてるのだから

 

お休みを、家でゆったりと過ごしていたら、週明けから、いつもしっかり体が動きました

 

自粛期間前は
週5で働いて、土日は、勉強会へ行く
当たり前のように、そうしていたけれど
週明け、週中に、お休みしがちでした

 

自粛生活を
ただただ、したいことをする時間として
ゆっくり過ごせるようになると
気持ちも穏やかに
体も調っていることに気が付きました

 

これから
少しずつ出掛けることが出てくると思います

 

バランスを大切にして
上手に生きていきたいなぁと考えています

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
朋子

最新記事 by 朋子 (全て見る)

アトピーくらぶ れのあ