前は、本当に痒かった~

短大生の頃
いつも、頭や顔が痒くて、痒くて、手で擦っていました
1年中、鼻水が止まらなくて、かかりつけの耳鼻科へ通院しては、薬を処方してもらいました

 

二十歳を過ぎて、働きはじめると、痒みは全身へ広がりました

 

にきびに効果的な皮膚科を紹介してもらったので、電車に乗って、仕事が休みになると県外の皮膚科へ通いました
そこでは、生理のタイミングに合わせて、飲み薬を処方してもらいました

 

でも、全身の痒みはそれほど良くは成らず、次第に体調が悪くなっていきました

 

皮膚科の薬
耳鼻科の薬
薬を飲んで、生活することに戸惑いはなく、当時は普通のことでした

 

全身の痒みと、鼻水が出ることに、薬は必要ないと理解できたのは、乳癌を経験してからでした

 

そこまでいって、私はようやく、少しずつ変わりはじめました

 

アトピー専門店れのあに通うことができたことで、アトピーは治る人達がいることを知りました
私もそうなりたいと思い、今は、そうなることが出来ました^^

 

いつも、顔や頭を触ってばかりいたから、たまらず親に触るのやめなさいと言われていたことなんて、今では、どこ吹く風です

 

二十歳を過ぎた頃から、一生このまま、ガサガサした赤ら顔で、頭皮も足も腕も背中も痒くて、ぼっこぼこな皮膚のまま生きていくのかと、覚悟していたときは、今のような普通の皮膚になるときがくることを、思い描けませんでした
もしも、痒くない未来がわかっていたら、もっと早くに薬を手放せたのかなぁ
自分が失敗した過去をさらけ出すことは、これからの誰かの成功の手助けになるかもしれない
今、迷っている誰かの励みになるかもしれない
そんなことを思い出しました

 

誰かひとりでも、私のようにならないで、治る道を間違えないでもらえたら良いなぁ
薬で、痒み、鼻水は、一時おさまるけれど、おさまることと、なおることは違いました

 

痒みの原因はなんだろう?
鼻水の原因はなんだろう?

 

原因に対して対処することが、なおることでした
原因と対処の仕方を、れのあで教えてもらい、生活に取り入れています

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
朋子

最新記事 by 朋子 (全て見る)

アトピーくらぶ れのあ