料理の道具が好きでポチッとした話

おうち時間が増えた今日この頃、スマホ片手にポチッと、小さなすり鉢を購入しました

 

実家で玄米菜食主義だった頃、もう10年前かもしれない
玄米ごはんへ、いつもすったゴマをかけていました

 

その昔、幼い頃のお手伝い、すり鉢とすりこぎで、家族が食べるごまをすったことを、今でも覚えています

 

「これくらい?」
「もう少しかな」
「もう、いい?」
すり加減がわからなくて、そばにいる祖母や母へ、聞きながらのお手伝いでした

 

すりたてのごまは、青菜と混ぜて、ごま和えで、よく食べていました
子どもの頃は、全く意識をしていなかったけれど、からだに良い食べものを、祖母や母が食べさせてくれていたことが、今わかります

 

実家に野菜を売りに来てきたおばさんが、ごまを持ってきてくれていました

 

ごまは大変だから、今年でおわりだよと言っていたのが、印象的でした
今でも、ごまをみるとおばさんのことを思い、ごまを大切に食べなくちゃと思っています

 

大人になり、いつの間にか、すりこぎですったゴマを食べなくなっていました

 

テレビの中で、料理研究家の方が、丁寧にごまをすりこぎで、すっている姿をみました
その姿は美しくて、素敵でした

 

私もやろうと思って、小さなすり鉢を使って、お家で久しぶりにごまをすりました

 

ひと混ぜ、ふた混ぜ、ごまをすっていると、ふわっと香ばしいごまのかおりが鼻に香ってきます

 

すりたてのごまを使った和え物は、香りが立ってとても美味しかった

 

ごまの香りは、幼い頃の思い出と、ひと手間かけることの大切さを、思い出しました

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。
アトピーくらぶ れのあ