腎を養う、黒米と黒豆に馴染みたい②

黒米と黒豆、毎日少しずつ食べていると、いつの間にか馴染みの関係になっていました
どちらの食材も、常備菜になります

 

いつもの煮もの、五目豆とか
小さく切った、にんじん、れんこん、こんにゃく、ひじき、だいずを煮たものを入れる時に
だいずは黒大豆を使ってみると、だんだん使う習慣が出来ました

 

♪大豆について栄養チェック♪

 

だいずは良質なたんぱく質を多く含みます
血中コレステロール増加を防ぐ成分や、ビタミン、ミネラルも多く含みます

 

品種によって
種皮色の違いがあって
黄大豆、青大豆、黒大豆と呼ばれています
いちばん目にするのが黄大豆ですね

 

れのあキッチンのお料理の中でいちばん目にするだいずは
「黒大豆」です!

 

黒大豆は、抗酸化物質のポリフェノールを含んでいます
ポリフェノールのひとつに、アントシアニンがあって
黒大豆は、アントシアニンを含みます

 

黒大豆はお正月、日常生活は普通のだいずを目にすることが多いのですが

 

毎日の抗酸化のために
せっかくだいずを食べるなら、常備菜の五目豆のだいずなど、黒大豆に変えて食べることをおすすめします

The following two tabs change content below.
朋子
れのあ顧問管理栄養士(非常勤) 乳がんとアトピーを経験しました。 がんサバイバーとして2010年ホノルルマラソンへ参加した時に、同じくホノルルマラソンに参加していた笛木紀子さんと出逢い、アトピー改善のためにれのあへ通い始めました。 れのあ式を取り入れてみると自分の体が変化していくのが楽しくて、れのあの変化に着いていくことに毎回ワクワクしています。 がんもアトピーも体験した自分は結婚は無理だとあきらめていたのに結婚でき、心穏やかに過ごせる日々に感謝しています。 ふだんは高齢者施設(http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie316.html)で管理栄養士として働いています。

コメントを残す

アトピーくらぶ れのあ