乳がんとアトピーを経験した管理栄養士・朋子のブログ

今までの記事

 

    生理の前は眠くなる(_ _).oO

    月に1日、すごく眠くて、どうしようもない日があります

     

    それは、身体からのお知らせ

     

    明日辺りに生理はじまるよー

     

    普段は日中眠くなることはないのだけれど、お仕事している夕方や出掛けた先の昼間など生理の前日は、もの凄く眠い

     

    眠いときは寝る

     

    思い切って寝る

     

    夫は、生理の頃は寝ると元気になる人だと思って応援してくれる

     

    10代、20代の頃ひどく生理痛がありました
    痛い場所へ、ホッカイロを貼ってしのいでいました

     

    体質改善をはじめてからは生理は痛いものではなくて眠いものに変わりました

     

    なぜだろう?

     

    体質改善前は平熱35度台でした
    昨日、生理がはじまり36度7分

     

    ホッカイロがなくて平気なくらいに、体温が上がった

     

    冷えから、きゅーっと痛みの出ていたお腹(子宮)は、温かい体温に包まれて痛みが出なくなった

     

    温めると元気になる
    温めると気持ちが良い

     

    温かい身体になって、気持ちが良くて元気になりました

    今年の冬は薄着になりました

    冬になると

     

    下から靴下にはじまり
    毛糸のタイツかストッキング
    毛糸のパンツ
    お腹と背中にホッカイロを貼って
    タンクトップ
    長袖の肌着
    その上にタートルネックの長袖
    ネルシャツを着て
    更にトレーナーかセーター、パーカーを着て
    外ではコートを羽織

     

    20代、たくさん着込んで、ホッカイロを常備して、寒さをしのぐ生活でした

     

    その当時の常備薬
    鼻炎を止める薬
    皮膚の痒み、湿疹に塗るステロイド
    下痢を止める薬
    生理痛を和らげる薬
    食べ過ぎ時の胃薬など

     

    乳がんとアトピーの経験をきっかけに、れのあで体質改善を続けてきて、今は40代です

     

    上記の薬は必要なくなり、常備しなくなりました

     

    ひとつひとつの薬の名前や効能は違いがあるようだけど、どれも何かを止めたり、抑えていましたね…

     

    鼻水を止める
    痒み、湿疹を止める
    下痢を止める
    生理の痛みを止める
    胃の痛み不快感を止める
    もう、止めまくりです

     

    頑固で頑張り屋で、身体のお知らせを無視し続けて、止めまくって、いっぱいいっぱいで頑張り続けていました

     

    止める薬を全部やめてから、10年位たつでしょうか、今の方が断然、調子が良いです

     

    そして、今年の冬は、暖冬の影響も大きくて、寒さに震えることが少なかった
    ホッカイロは、今年も常備なし

     

    水素風呂、温熱に加えて、デトックスルームに入るようになって、益々、汗をかきやすくなりました

     

    花粉の季節と噂されますが、今年もその心配は、ないように感じています

    姪の皮膚~その後のこと~

    姪の皮膚が落ち着いたという、妹のメールから、1ヶ月くらい過ぎました

     

    赤ちゃんの皮膚が赤くなったりガサガサになっていたとき、毎日のように数通あった連絡が、たまにあるくらいに減りました

     

    まさしく、便りがないのは元気な証拠なのです

     

    この1ヶ月の間に、わかったことがありました

     

    妹が生卵を食べた日赤ちゃんの皮膚に薄ーく発疹がでる

     

    卵を食べるのをやめてみたら発疹が出なくなったという

     

    医者に赤ちゃんは皮脂が多いから良く洗うようにと言われたら、一生懸命洗ってしまうものかもしれない
    赤ちゃんガサガサの原因のひとつ洗いすぎていたことだとわかって良かった

     

    それから、上の姪は学校行事のスキー教室から元気に帰ってきたそうで、昨年は足がしもやけ、凍傷のように酷くなったのが今年水素の入浴剤をいれたお風呂でゆっくり温まって寝られたそうだ

     

    朝起きてきて、足が昨年のようにはならなくて良かったと言っていた

     

    何だかわからないけれど、赤ちゃんや子どもの皮膚が赤くなったりガサガサになったと聞いたとき、わたしも驚いた

     

    である妹の不安も感じられた

    皮膚に出ているけれど対処するのは皮膚だけじゃないことを、知ることが出来ました
    その事でわたしは少し、安心しています
    これからも何かあったときすぐにお薬に行かないかなと思うのです

     

    かわいいふたりの姪、笑顔の写真にニヤけながら癒やされています

    じわり涙がこぼれたブログを紹介

    ~月よみ Smile Lifeより引用~

     

    寒く厳しい冬の経験が、私を支える土壌(基盤)になり
    そこに、希望という種が蒔かれます

     

    そこに芽吹く新たな命
    その命を、大事に大切に育てていきたい

     

    深く静かなところから
    声が聞こえてきました

     

    ・・・

    ・・・

     

    「助けて」

     

    ・・・

     

    助けて

     

    ・・・

     

    「助けて」

     

    その声はどんどん大きくなり
    やがて耳元で響き始め

     

    私はその声
    無視できなくなりました

     

    もう立ち上がれない

     

    「もう歩けない」

     

    もう前に進めない

     

    それは、私の女性性の声でした

     

    弱くて繊細

     

    脆くて柔らかい

     

    私の中の女性性の叫び声でした

     

    私の中の男性性は

     

    動かないことを決断し

     

    止まることを行動に移しました

     

    そして、女性性に寄り添い

     

    その声を聞き続けました

     

    その声は、外側の大きな声

     

    すぐ掻き消されてしまう

     

    だから集中して、内側に意識を向け続けました

     

    次第に、私の内なる女性性と男性性は、しっかりと会話をし始めました

     

    私は女性性の小さな望み

     

    叶えるためだけに

     

    男性性の行動の力を使いました

     

    やがて、少しづつだけど確実に

     

    女性性男性性

     

    仲直りしていきました

     

    私は長い間

     

    弱くて繊細で脆くて柔らかい

     

    女性性の声を無視し続け

     

    長いあいだ無理をさせてきました

     

    もう無理」って言ってた時

     

    「そんなこと言わないで頑張ろうよ」って僕は強く手を引き

     

    もうできない」って言ってた時

     

    「大丈夫絶対できるよ」って僕は

     

    けして動くことを止めなかった

     

    そして、ずっといつも

     

    そのことを繰り返してきました

     

    体を壊したあの時も

     

    挫折したあの時も

     

    駄目な自分を認めず

     

    できない自分を責め続け

     

    もっと強くならないとって

     

    自分を守る鎧を着て

     

    戦うための剣を持ち

     

    そして、私は

     

    どんどん男になっていき

     

    私の中の女性性は

     

    どんどん疲弊していきました

     

    これまで

     

    女性性にも向き合い

     

    癒してきたつもりだったけど、私は何もわかってなかった

     

    完全に統合の時代に入った、今

     

    私の中の女性性は、自分の中にあった分離に気づきました

     

    教えてくれてありがとう

     

    今まで無理させてごめんね

     

    これまでのこと許してね

     

    愛してるよ

     

    これからは

     

    自分の源に繋がり
    女性性の囁く小さな声を聞く

     

    小さくても私だけの光を見つけ
    大事に育んでいく

     

    もう外側に惑わされない

     

    自分の内側に全てある

     

    自分にエネルギーを戻し

     

    今ここに集中する

     

    使っていた剣は
    自分の女性性を守るために使う

     

    自分の軸を持ち

     

    自分がどう感じるかを大切

     

    自分にとっての真実だけに耳を傾け

     

    真実を生きる覚悟をする

     

    ~月よみ Smile Life~引用おわり~

     

    仕事帰りのバスの中、読んだブログ記事です

     

    過去の自分に、会いに行くような感覚になり、じわり涙が出て、癒やされました

     

    私にとって、アトピーと乳癌の経験は、まさに鎧を脱ぐためのお知らせでした
    一度では気付かず、受け入れられず、何度お知らせをもらったことか…

     

    言いたいことを言わない、我慢強かった過去
    こうしたい、こうしてほしい、お願いします、ごめんなさいが言えなかった過去

     

    こういう時代を通り抜けて今の自分になった

     

    喜びを感じる、不安を感じる、良い感じがするとき、嫌な感じがするとき、感じる心の感覚と仲良くしていこう♪

    妹からのSOS~姪の皮膚が大変だ~解決編~

    妹は、水素の入浴剤とお塩を入れたお風呂に入ったり、サプリメンを飲みはじめたら、ウンチよく出るようになったという

     

    それは、赤ちゃんも同様だった

     

    やはり、赤ちゃんは、母乳良くしてあげることで、結果に繋がるのですね

     

    そこで、れのあの教えを伝えたいとして、れのあのホームページをもう一度隅々まで読みました

     

    そして、次のことを妹へ伝えました

     

    かゆみが強い時
    化粧水 → クリームまたはオイル

     

    洗顔方法
    赤みがある時、基本ぬるま湯で洗う

     

    タオルドライ
    タオルの洗濯は柔軟剤や合成洗剤を使用しない
    オーガニックコットン100%、柔らかいタオルそっと水分を抑えるようにする

     

    身体の洗い方
    石鹸もボディソープも使わない
    必要以上に皮脂膜を落としたくない

     

    アトピーの人は、皮脂膜が薄いから、さらに石鹸で落としてしまうのは逆効果

     

    すると、なるほどと思う内容のメールが届きました

     

    赤ちゃん皮脂が多いから、しっかり石鹸で洗うように病院で言われたから、その通りしてたよ。」

     

    洗いすぎかも

     

    「しばらくお湯だけで洗っておわりにしてみるよ。」

     

    そして、翌朝、結構早い時間に

     

    「夜、風呂上がりミストクリームを塗ったら、ジュクジュクてて赤いのが収まってたよ!」
    ありがとう

     

    赤ちゃん凄いね、変化が早いとは聞いていたけれど、本当でした

     

    赤いほっぺきれいになった

     

    こんな風に、お薬に頼らないで、生活して、健康な子に育ってほしいと心から願っています