乳がんとアトピーを経験した管理栄養士・朋子のブログ

今までの記事

 

    祖母との思い出

    幼い頃、祖母曾祖母がいた

    祖母のことは、おおきいおばあさん、曾祖母のことは、ちいさいおばあさんと呼んでいた
    ふたりは小さなお家でふたりで暮らしていた
    私は週末、泊まったり、遊びに行ったりしていた
    時々、近所のおばあさんが集まって、お昼を食べたり、おやつを食べたりした

    ある日、ちいさいおばあさんが入院した
    父とお見舞いに行った帰り、外から病院を見ると、3階位の病院の窓越し、おばあさんふたりで手を振っていた

    あっ、おばぁちゃんだ!
    幼かった私も、病院の外から手を振った

    小さな体の、ふたりのおばあさんが、手を振っていた光景を、私はずっと忘れていなかった

    大人になった今、思い出すと、心がきゅっとなる

    おばあさんが孫を思ってくれていた気持ちに、とてもかなわないやと思う

    だから、今、介護施設で出会うお年寄りが愛おしいのだろう
    自分が大切に思われていたように、私もそうしたいと思う
    祖母や曾祖母の手を握ることは、もう出来ないけれど、やさしさを残してくれた

    私は、乳がんアトピーを経験した
    その経験を生かして、同じように病を抱える人をサポートする道を選んでいる人もいる
    そちらに、後ろめたいような気持ちがずっとあった
    病の経験を生かさなければいけない、私は出来ていないと、思っていた

    認知症は治らないと言われる、治らないばかりが、どんどん進行すると言われる
    認知症に限らず、どこかで聞いたことがあるフレーズだ

    認知症を治す進行を遅らせるためには、なぜそうなるかを知る必要がある

    私は、どちらかというと、お年寄りのサポートをしたい
    とっくにしているのだけど、しっかり経験を生かしていて、なんだかんだ安心したのです

    どうにもならないことがある

    お年寄りの近くに毎日のようにいると、その本人や家族から、100歳まで生きたいね、
    100歳まで生きてほしいねと、100歳と言う目標をよく耳にする

    そんなことを期待できちゃうほどに、お元気にされていた方も、
    100歳を目の前に寿命を迎えることがある

    悲しく、寂しいけれど、大往生である

    食事を食べられなくなり、水も自分の唾液も飲み込めなくなり、やがて枯れていく
    それでも、少しの間、声をかけて、手を握ると、温かいねと言葉をかえしてくれる
    家族が明日も来るよと声をかければ、はいよと返事をしてくれる
    あぁ、もう少しで、この声も聞けなくなるとわかっているから、今の、このことが嬉しくて、
    家族といっしょにその時、その時の出来事を、時には笑顔で話している

    介護施設は、たいへんな仕事だけれど、大切な仕事

    これから、お年寄りの人口は増えていくけれど、介護の必要最小限に、出来るだけ我が家で暮らせるといいですね

    認知症が増えたというのは、寿命が延びたからだと言う先生もいる
    それもひとつあると思う
    何にでも、良し悪しがある、作用と副作用がある、長所と短所裏表光と影

    90歳を過ぎて最近、介護施設にきたお年寄りがいる
    お話を聞いていると、年はとりたくないねぇと寂しそうにつぶやいた
    あっちこっち駄目になっちまってと、手のしわや脚をぺしゃりと叩いてみせる、頭の後ろ側いつもモヤモヤしているという

    何度も繰り返して経験してきた場面が、この頃、特に切なくなる
    それは、何かやらなくちゃと思っているからか、どうにもならないことだから?!
    辛いときは、成長する前触れひとつ進む前は辛さを感じるという

    何もしなくても毎日過ぎていく、私にとって何もしないというのは、自分の意見を言わないことだ

    人と違うことを言うのは、なんだかエネルギーをたくさん使う

    寒さが続くからか、気弱になっています

    冷えに弱くて…トホホ

    雪の降らない地域で生まれ育ち、雪にめっぽう弱いです

    数年前、故郷を離れてから、雪が積もったはじめての冬の時、
    慌てて近所の靴屋に行って、長靴を買った
    通勤はバスだったけれど、雪が積もったあとは歩いて職場へ行った、
    バスも電車も止まるなんて知らなかったし驚いた

    その当時、洗濯機はベランダにあって、雪の日に限って蓋を開けて置いたらしく、
    洗濯槽に、こんもりと雪が積もっていて、おもしろかった

    今は、雪の日の動き方に少し慣れたけれど、降ってくる雪は珍しくて、
    ちょこちょこ窓を開けて眺めている

    この冬はじめての雪が降った日も、何とか職場へたどり着いた

    けれども、雪のあと、生理が少し早くはじまり、腸の動きがピタリと止まり、
    カラダがダルい、痛いと弱音を吐いた

    こんな時は、家でやれることを思い出して、カラダを温める
    ぬくぬくごろごろして回復するのだ

    お布団の中に、湯たんぽ入れて、お腹に抱いて、太ももを温めて、背中に乗せたり、胸も温めて、
    休みの日は、昼間っから布団の中でごろごろして過ごした
    夫に、今日は何もしません宣言もした

    少しカラダが楽になったら、外を歩く、そうすると、だんだん腸が動きだしてくれる
    うんちが出ると、カラダが楽になる

    今は、水素風呂に入っているからか、回復が早く感じる、寝込むほどにならずにいられる

    今年2度目の雪予報も、元気にがんばりましょう

    おいしい野菜

    スーパーで、ぶりのあらが売っていた
    ぶり大根におすすめと書いてある
    家に大根がある

     

    この流れに乗って、ぶり大根をつくろう

     

    恋々農園さんの大根と、スーパーで買った半端もんの大根と、生姜とわかめを足して、ぶり大根をつくりました

    大根の味の違いに、ここまで違うのかーと驚きました

     

    自然農の大根は、細くて小さかったけれど、味は濃くて、とても美味しかった
    もう一方は、太くて瑞々しく見えたけれど、味わいは水っぽく感じた
    なますとか、生サラダに向いていた

     

    同じ、“大根”の名はついていても、味や風味が、ずいぶん違っている

    本当の味を知っていたいなぁと思いました

     

    私の働く老人ホームは、農家をしていたお年寄りが、たくさん暮らしています
    残念なことに、食事の評判が良くありません
    私自身、決しておいしいと思える満足できる食材で給食をつくっていませんから、お年寄りの感覚に頷けます

    とは言っても、農家さんばかりではないので、ジャンクフードを求める人もいます、食に関心のない人もいます

     

    おいしい食事を、おいしいと共感される人達へ、食べていただけるお仕事が出来る人になっていたい

    自分の感じる、おいしい感覚を大切にして、それを届けたいですね

    本当に美味しいものを食べると、本当の思い、心の奥に置いてあるものを思い出すのかもしれません

    恋々農園さんのお野菜、自然農のお野菜は、力強く生きることを応援しているように感じて、

    ありがたくいただいています

    食の好みの変化

    結婚をきっかけに外食よりも、夫と自宅で食事をすることが当たり前になった
    お互いに好き嫌いが、ほとんどなく、
    私の食の好奇心にも、付き合ってもらえている

    私は元々、チーズたっぷりのグラタンミルクティー
    クリームたっぷりのロールケーキとか、
    乳製品甘いお菓子が大好きでした

    今は、書いているだけで、胸焼けがするくらい、食の好みが変化した

    牛乳とガンとの関係を知ってから、食生活から牛乳を排除した
    でも、たまにはグラタン食べたいし、ミルクティーを飲みたかった

    最近チーズを食べる機会があって食べていたら、あれ?前と違った

    そんなに好きじゃない、と言うより、苦手になっている

    全然やめられなかった甘いものも、以前のようには食べていない

    甘いものは、幸せを感じる
    甘いもので、愛を満たしていた

    日々、お年寄りや夫に対する愛情、そこから感じる愛情がある
    今は、人が心と腹を満たしているのだ

    乳ガンとアトピーの経験から、食事制限、食事療法をはじめたとき、
    今は笑えるけれど、泣けるくらい苦しくて辛かった

    食事療法は、心の学びでもあったように思う

    食事制限、食事療法、ただの食としてとらえ、
    楽しめるようになったときから、変化は始まったように思う