乳がんとアトピーを経験した管理栄養士・朋子のブログ

今までの記事

 

    ポテトでパーティー

    職場の高齢者施設の畑で、じゃが芋をたくさん収穫しました

    お年寄りと一緒に、ポテトパーティーをする事になりました

    炎天下の中、鍋いっぱいのじゃが芋を外仕事のおじさん達にお願いして、ドラム缶と薪を使って、茹でました

    それから、じゃがバターじゃが芋餅ポテトピザスタッフとお年寄りが一緒になって作りました

    普段は、手押し車を使って歩いている方がテーブルに置かれた茹でたお芋を見るなり、スッと立ち上がって
    何作るの?丸めりゃ良いのかい?
    手に水するから、水持って来なくちゃ

    お皿にお水を用意すると、慣れた手付きで、お水を手に取り、茹でて潰したお芋を手に取って、くるくると器用に丸め始めました

    みんなで作って食べたあと、手押し車を押して、私の隣にくると、ぱたんと手押し車に付いている腰掛けを出して座りました

    みんなで作って食べるといいね、おいしいねと、その方は言っていました

    ひと仕事おえた、充実感を感じました

    こういう事を、しょっちゅう出来る施設もあると聞きます

    この方にとって、今居る場所は、物足りないだろうなぁ

    いつも、夕飯時になると、子どもにご飯作らないとだから、帰らなくちゃだよと言って、廊下をぐるぐると歩いています

    息子が高校生だから、たくさん食べるんだよと教えてくれます

    93歳になるこの方の息子さんは、もう、高校生ではありません

    でも、そんなことは、どちらでも良いのです
    いつからか、こんな風に思うようになりました

    祖母が生きていた頃、祖母に対しては、間違っていることを、ぴしゃりと言葉で否定しました

    それは、しっかりした祖母で、いてほしかったからです
    否定する度、祖母は少し寂しげな表情をしました

    病気の人に対して、家族にしか出来ないこと家族ではないから出来ること、両方があることを、今の仕事から学んでいます

    ポテトでパーティー?!
    若いスタッフからの提案を、みんなで考え実行して、お年寄りに喜ばれました

    みんなで何かをやり終えるって、本当に楽しいですね

    姿勢も大事!

    仕事へ向かう朝の通勤途中、からだがダルいなぁと思いながら、ゆっくりと歩いていた

    ガラスに、すごく下を向いて、猫背の人が映っていた

     

    あちゃ、この猫背の人が私だ…

    ふぅーっと息を吸って吐いて、肩をぐるんと後ろへ回した

    胸を張るんじゃなく、普通に前を向いて歩きはじめると、呼吸が楽になりました

    思っている以上に、からだは何か思い詰めていたみたい

     

    仕事はやりがいがあって、責任感も日々感じている
    ありがたいことに、毎日、挨拶をしたり、お話をするのを楽しみにしている、顔馴染みのお年寄りもいる

    高齢者施設は、いろいろな年代の職員と、いろいろな職種の職員が、働いています
    意見がぶつかることもある
    先輩、上司にあたる、管理栄養士の先輩がいない場所で働くのは、はじめての経験です

    今までは、先輩方に守られていたことに気付かされます

     

    下を向いて、トボトボ歩いていると、姿勢が悪くなって、姿勢が悪いと、呼吸の仕方が、なんかおかしい

    姿勢を意識したり、呼吸を意識して、時々、治していこうと思いました

    そうすると、思考も前を向いて、整っていくように感じます

    目の前のことを思い詰めて考えること、大きな意味で、今、働けること、ここにいられることに感謝の気持ちを思い出すこと

    どちらも大切にしていこうと思いました

    安眠シート

    こちらの安眠シート最近使い始めました

    枕に敷いて使うのは、もちろん気持ちが良いシートです

    寝ていないとき、背中の背骨に沿って、肌へ直接べたっとシートを貼り付けて大きなクッションに寄り掛かかります
    背中が温かくかなって、とっても気持ちが良いです

    痛いところにも良いと言うことで、肩に乗せてみたり首に巻いたりして、重宝しています

    癒やされています~

    クッションに安眠シートを敷いて、ちょっと失礼して、足をのせたりもしてます
    そうすると、足の痒みとか、ムズムズ感が、わたしは落ち着く感じがします

    不思議なシートですね

    数年前、癌患者の会で知り合いになった、ご夫婦のお仲間に混ぜていただいて、はじめて台湾旅行をしました
    ラジウム鉱石の温泉へ入ると免疫力向上になるからと、北投温泉へ行きました

    はじめて入った、台湾のその温泉は、とても気持ちが良くて、今も、また行きたいなぁと願っています

    インソールは、そんな、ありがたいラジウム鉱石入り

    健康に元気に生活できることは、本当にありがたいことです

    新しいこと、ひとつひとつ取り入れて、これからも、生活を楽しんでいきたいと思います

    時々、確認しています

    乳癌を経験してから、時々、血液検査をする習慣があります
    免疫力を知ることで、体の回復具合、兵隊の強さを確認しています

    はじめの頃は、ひと月毎に確認をしていました
    あまり、変化はありませんでした

    しばらくすると、3か月半年毎の確認をして今は、気になったときにクリニックへ行っています

    血液検査をしてきて、いちばん回復したのは、貧血に関わる数値です
    ここが変化してから、体調も安定へ向かいました

    そして、水素風呂に入るようになって、しばらくすると、れのあ来店時に測定している、FBAに変化がありました

    いつも3倍測定でしたけど、標準測定できる体に変化しました

    最近のれのあは、新たな機械が登場していてこちらの測定も楽しみです

    体内ミネラルバランスと、有害重金属がどれくらい溜まっているか、知ることが出来るという

    少し前、調理器具のことを笛木さんがブログに書いていました

    家にあるフライパン、炊飯のお釜の底をじっと見ると、変色している様に見えるこりゃ、やばい

    重金属の害や安全なお鍋、この頃、無頓着になっているなぁ

    からだの悪くなったところを、良くするのは大変です
    良くなったところを悪くする方が簡単で、悪くする前の生活習慣へもどれば良いのだから

    いちど悪くしたところを良くするには、新たな取り組み、新たな習慣、それを続けることが必要です

    はじめは目新しく感じても、習慣になってしまえば時間の経過と共に普通のことになるから、不思議ですね

    れのあの新たな取り組み、楽しみでありがたい出来事です
    この機会に、いろいろ見直していきたいと思います

    暑いけれど冷える

    六月のおわり、もう七月になりますね

    電車にバス、いろいろなお店の中、職場も、クーラーがよく効いていますから、暑さと冷えの両方の対策を考えながら、日々過ごしています

    以前は、からだの冷えを強く感じていたので、夏でも普通に長袖を着ていたし厚めのストールを持ち歩いて首に巻いたり膝掛けにしていました

    今は、最寄り駅から職場へ歩くだけでも、汗をかけます

    前は、1時間、湯船にいても、温かーい気持ちが良い、リラックスは出来ても、汗が出なかった
    今は、15分湯船に居るのが辛いほどです

    湯上がりは、暑い暑いと大騒ぎですよ

    少し長い時間、電車に乗るときは、やっぱり冷えが気になるので、羽織るものや、首にストールを巻いています

    なんか冷えるなと感じてきたとき、薄手のストールを肩にかけるだけでも、温かくなります
    温かさを感じると、ホッとします

    クーラーは、ありがたいものですが、外と中の温度差動いている人とそこにずっといる人の体感温度の差、それと、男女の体感温度の差も大きくて、温度調節は難しいのでしょうね

    だから、冷えから調子を崩さないように、夏の冷え対策は大事です

    少しの冷えに、へこたれない、強いからだにも、していかなくちゃです!