乳がんとアトピーを経験した管理栄養士・朋子のブログ

今までの記事

 

    どんな時も感動する心は病んでいなかった

    先日、杉浦貴之さんのイベントへ参加しました。

    はじめて、ライブへ行った時のことを、今もよく覚えています。

    2009年5月の爽やかな日、抗がん剤治療の副作用の中、坊主頭で深く帽子をかぶっていた。
    少し歩くと、息がきれて、休憩しながら、実家の静岡県から愛知県の会場へたどり着いた。

    杉浦さんは、若くしてガンを患い、余命宣告をされ、
    手術や抗がん剤治療を乗り越え元気になって、全国でライブ活動をしながら
    ガン患者を歌とトークで励ましていた。

    この時は、両親も一緒に参加した。

    今思えば、乳ガン治療中の私のことを心配してくれていたことがわかる、
    それに娘が乳ガンになり両親も不安だったのだろう。

    抗がん剤治療の副作用で、気持ち悪さやだるさは常にあって、からだは体力がなかった。
    毛が抜けて坊主になっていた、見た目のコンプレックスがあった。
    いろいろあるけど、新幹線に乗って、出掛けていった。

    そして、杉浦さんのトークと歌に感動して、涙を流した。

    隣をみると、母も泣いていた。
    私の中の感動する心は病んでいなかった。
     

    おかげさまで、2009年とは別人のように、私は元気になりました。
    今回参加したイベントは、ライブだけでなく、
    ランニングの先生からランニングの楽しみ方を教わるイベントでした。
     

    杉浦さんにとって、闘病生活から回復する中、走ったことも元気になったひとつだけど、
    何がいちばん効いたのか教えてくれた。

    それは、母親の存在ですと言っていた。

    どんな時も、あなたが生きてさえいてくれればいい、余命宣告をした医者へ
    息子は死にませんと言った、強い愛で支え続けた母親の存在は大きかったと言う。

    私も両親の支えがあった。
    それに気がつけたのは、ずいぶん後になってからでした。

     

    闘病生活中、「こんな私は生きていない方が良いでしょ」と、怒り狂ったり、
    大泣きしたことがありました。

    そんなことを言われた両親の心を今思うと、
    なんて言葉を言ったのだと胸が締めつけられます。

    そんなことは、すっかり過去となり、笑い合える今は、感謝しかありません。

    闘病生活中は、本人も支える側も辛い。
    だから、感動することは、心の支えになった、行動する気づきになった。

    今は、生きていてよかったーと、心から感じている。
     
     

    アトピーと乳ガンの経験から振り返る

    はじめから、今のような生活をしていたら、今あるような知識があったら…
    大きな病気にならなかっただろうか…
    でも、今は気がつけたから良かったよね。

    ということは、アトピーもガンも幸せの前触れだったね。
    と、結びつけたい。

    アトピーもガンも経験して良かったと、無理にでも思うようにしていたときがある。
    でも、どっちも、ならなくて良いのなら、本当はなりたくないですよ。

    病気を経験したこと、いつまでも後悔し続けていたら、立ち止まったままだった。

    だから、その時に出来ることを、一生懸命になって取り組むことが、
    アトピーを治すことも含めて、何かを成し遂げる時、本当に大事なことなのだと強く思う。

     

    乳ガン治療後の療養中は、ガンのことを勉強して、
    免疫力のことなど新しい知識を得た。

    その後アトピーが爆発したときは、れのあに通っていて、
    体質改善することに一生懸命に取り組んだ。

    そして、今は一生懸命働いて、生活をして、生きている。

    やっていることや、場所が変わっても、一生懸命取り組む心意気は続いている。

     

    アトピーと乳ガンの経験が、これからも自分自身の底力になって、
    困難なことや悩み事で立ち止まるとき、役立つことだろう。

    困難や悩み事は、今の自分を一歩先へすすめてくれる。

    楽しんで取り組む胸中までは、なっていないけれど、
    解決する努力を続けていきたい。

     

    職場の高齢者施設で、難しい顔をして職員同士で話していると、
    いつも声をかけてくれるお年寄りがいます。

    穏やかな表情と優しい声で、
    “アハハッ、いろいろあるよね。”

    そうだね、いろいろあるよね。
    いろいろあるけど、生きているのは楽しいね。

     

     

    元気なお年寄りの食べ方から教わること

    肺炎を繰り返したおじいさんがいました

    入退院を繰り返す度に、足腰は弱くなった

    よたよたと壁をつたい歩きして、時にはよろけて、こちらはヒヤッとするけれど、
    本人は、にこっと照れ笑いが憎めなかった

    あるとき医師から、お口から食べることは、もう出来ませんと診断された

    入院している病院へ面会に行ったとき、点滴をしながら、ベットで寝ていた

    力なくうつろになった小さな目が少し開いていた、目を合わせても、表情は変わらなかった

    点滴だけで、何週間も時間が過ぎていた

     

    病院で迎えた最期は、みんなに寂しさが残った

    残されていた写真から、おじいさんがみんなに愛されていたことを感じました

    笑顔のスタッフと、顔を寄せて写っている、少し照れくさそうなおじいさん
    椅子に座ったリラックスした表情

     

    食べることは、生きること

    しっかり食べて、しっかり出すことが出来るお年寄りは、
    年齢に関係なく元気はつらつ
    としています

    便秘が続くとき、ご自分の意思で1食抜くことがあります

    スッキリ便が出ると、また食欲が戻ってくる、身体の声を聞いて、ご自身の感覚で生きている

    健康になることを目指したとき、年齢を理由に諦めてはいけないことを日々、教えてくれます

     

    お年寄りに寄り添う仕事をする側も、身体と心のタフさが必要なので、
    益々、元気に動いていきたいです!
     
     

    「うんちがよくでるよ」~夫婦の会話から~

    突然、夫が言った
    「このごろさ、うんちがよく出るんだよ」

    「よくって、1日に何回出るの?どんなうんち?かたい?やわらかい?」
    「3回でる、かたくもやわらかくもないよ。食べすぎかな」
    「それもあるけど、出てよかったね」と、答えるわたし

     

    昨年の夏頃から一緒に暮らしはじめた
    暮らしていると、夫のトイレが長くて気になった
    「長い時間、何しているの?」と聞いたこともあった

    トイレからうめき声が聞こえたこともある
    「どうしたの?」と聞いてみると、
    おしりが切れたとか、下痢したよとか、出ないんだよね…と言っていた

    それに、口内炎がよく出来て、食事をしながら
    「うっ、しみるー」と、しょっちゅう言っていた

    今も時々、「口内炎ある?」と、聞いているけれど、
    このごろ、出来ないそうだ

    ここぞと「飲む乳酸菌」をすすめても、「大丈夫だから」と言って、全然、飲む気にさせられなくて、
    では、食べもので少しでも効果があればと、コツコツ食生活で腸活してきました

    おしりが痛い、口内炎が痛いと、いつも言っていて、
    なかなか改善の兆しが見えてこなかった

     

    食生活が変化してから、約1年弱たって、
    少しお腹の調子が良くなってきた実感がある様子

    夫は、白米しか食べていなかったのが、玄米や雑穀を食べるようになった

    野菜と言えばカット野菜を食べていたのが、
    恋々農園さんの野菜をはじめ、新鮮なお野菜を食べるようになった

    食事をしながら、「これは何?」時々質問がある、
    アボカドやお豆類は食べていなかったようだ

     

    便秘と下痢を繰り返していた夫の健康が気がかりだった
    食事をつくる主婦として、夫のお腹の改善は、ガッツポーズなのである

     

    足裏のアトピーを治すための、夏の習慣

    お休みの日、夫と海へ歩きに行きました

    目的は、海に足をつけたり、砂浜を歩いて、足の裏のアトピーを治すことです

    風が強かったけれど、お天気で富士山も少し望めて、歩くには気持ち良い日でした

    鵠沼海岸から、片瀬江ノ島までの波打ち際を、海水へ足をつけながら歩きました

    砂浜は、まだ真夏のような熱さはなくて、真夏の焼けるような砂浜が待ち遠しく思った

     

    「砂が電気を身体から抜いてくれるんだよ、何かスッキリしてくる」

    「もう少しきれいな海、砂浜を歩きたいね
    気持ちの問題で、海には変わりないのにね」

    「ぎゃー、ズボンが濡れたー」

    ひとりで海を歩いていたときも、
    海沿いや砂浜を歩くと気持ちが良く、楽しく感じていた

    夫婦で歩くのも良いものだ

     

    ビーチでは、海の家の建設が始まっていました

    夏はあまり好きじゃなかったのに、
    いつからか待ち遠しくてたまらない、終わりが淋しい、好きな季節になりました

    家へ帰ると、夫はうっすらと日焼けのあとがありました
    なのに、わたしは真っ白け、なかなか焼けないのが悩みです

     

    これから、季節は梅雨だけど、梅雨の晴れ間を狙ったり、出来るだけ海に行きたい
    今年は何度、海へ行けるかな、
    いちどは南の島の美しいビーチのようなところへ行けるといいな

    そろそろ、治りそうな予感の足裏が、来年にはきれいになるように、
    この夏の過ごし方が決め手になるのです!