乳がんとアトピーを経験した管理栄養士・朋子のブログ

今までの記事

 

    謹賀新年☆

    あけましておめでとうございます!

     

    2017年、新婚生活がはじまります。

    変わらず穏やかな日々を過ごしていきます。

     

    今年も、料理をがんばります。

    美味しくて健康になれる時短料理を習慣にします。

     

    お仕事では、コミュニケーション能力を向上したいです。

     

    本年もどうぞよろしくお願いいたします!!

     

    141230-fueki

    故郷

    職場の高齢者施設で毎月開催している喫茶店の日があります。
    この頃、身体が弱くなってきたと言って、
    少し弱気になっているおじいさんを誘ってお茶をしていたら、

    「あんたどこの生まれだ?」
    と、おじいさんが尋ねてきました。
    「静岡です」と答えると

    「やっぱりそうかぁ、俺の女房と同じだな」

    ちょうどその後、奥様が面会に来ました。

    「静岡のお生まれなんですね?!わたしもそうなんです!」と伝えると、

    「あら、懐かしい!」と、奥様と故郷のお話しに花が咲いちゃって、
    懐かしい静岡の言葉が嬉しかったです。

    海の近くに住んでいたこと
    お魚が美味しかったこと
    やっぱりしらすは新鮮じゃなくちゃねとか。

    ぺちゃくちゃとお話しをする私たちを、おじいさんは目を細めて
    少し微笑みながら見ていてくれました。
    おじいさんの身体は細く小さいけれど、手が大きくて節々が太く
    がっしりした手のひらです。
    どんなお仕事をしていたのかな?と尋ねてみたら、庭師をしていたと。
    そうかぁ、職人さんだったんだ。

    手が思うように動かなくなって、足が歩きにくくなって、
    だんだん年をとって落ち込むことが増えたという。

    面会に来ていた奥様が帰り際、
    「ひとりで家にいるといろいろ考え込んじゃって、落ち込むの。
    今日は懐かしい静岡の話が出来て良かったわ」
    と言って帰って行きました。

     

    今年はさいごのブログになりました。
    お正月は、故郷へ帰ってにぎやかに過ごしてきます。
    大病をして気がついた家族の優しさと強さがあります。
    ひとり暮らしをしてから、
    家族のいる温かな家、にぎやかな暮らしに憧れを持ちました。

    お正月、憧れが現実になります。
    婚約者と一緒に帰省します。
    両親も大歓迎です。

    今日までいろいろありました。
    誰もがいろいろあるんです。
    いろいろあって、生きているのです。

    生きていると、こういう幸せな日々もあるのだなぁと嬉しくなります。
    生きてて良かったー(^o^)

    2017年もよろしくお願いいたします!

     

    ゆずの香りに癒やされています

    アトピードリプラのご縁から
    恋々農園さんから定期便のお野菜を食べています。

    今月も週末に届いた新鮮なお野菜を使って、夕飯はゆず味噌鍋にしました。

    白菜、お葱、さつまいも、かぶをお鍋に入れて、煮えてきたら、
    小松菜お豆腐、なめこを足して、出来上がりにゆずの外皮を少し
    包丁でこそげ落としてお味噌を入れる。
    ゆずの良い香りがする美味しいお鍋になりました。

    なめこは冷蔵庫に使いかけてあったので、はじめてお鍋に入れたんだけど、
    トロンとしたとろみがついて、これはこれで美味しくなりました。

    しっかり食べることも大事、食べ過ぎも風邪を引いたりするので、
    美味しいお鍋も程々に、残りはまた明日いただきます。

    恋々農園さんのゆず、本当に良い香りでした。

    皮ごと食べられるお野菜は、とてもありがたいです。

     

    先日の冬至の日、職場でいただいたゆずをお風呂へ浮かべて、
    ゆず風呂を楽しめました。

    今年もあと少しです。
    ゆずの香りに癒やされながら、穏やかな気持ちで過ごして行けそうです。

     

     

    年の瀬になりました

    12月とは思えないような暖かい日があったり、
    春の嵐のような日があったりするけれど、
    来週はもう年越しですね。

    職場の高齢者施設で、最近聞いたお年寄りの会話です。

    スタッフがクリスマスツリーを見ながら
    「もうすぐ、クリスマスですね。」

    お年寄りは、
    「クリスマスはあんまりねぇ、何にもしないけれど、
     お正月はやっぱり嬉しいですよ。」
    と、ニコニコされてお話しをしていました。

    お年寄りとお話しをしながら、実は変化を感じとっています。
    大きな声、濁っていない声、呼吸は乱れないかなとか。
    お年寄りが、少しずつ話さなくなったとき、少しずつご飯を食べなくなって、
    だんだん衰弱、老衰に入っていきます。

    だから、お年寄りのわっはっはっーと大きな笑い声が聞こえたり、
    スタッフとの何気ない会話が聞こえてくると、今日も元気だなぁと安心する。

    身体の不具合があるとき、
    誰でもふさぎ込みたい憂鬱な気持ちになる事があると思います。

    でもね、わっはっはっーと何かを笑えたり、ただただ、お話しをしたり、
    それが出来るか出来ないか、そういうことをする自分を許さないのか許すのかで、
    心の状況が変わってくると思います。

    上手に話せなくても、一生懸命話していたり、楽しそうに話していると、
    一生懸命聞きたくなります、何だろうと知りたくなります。

    わたしは、上手に話せない歯痒さ、淋しさを、食べることで紛らわせていた事がありました。
    食べることは楽しみなことですし、今の季節、イベントシーズンの食も大好きです。

    年の瀬に、わっはっはっーと笑って、
    何気ない会話をしながら、季節の食を楽しむ。
    なんて幸せなことでしょう。

    今年はあと少しで、新しい年を迎えます。
    美味しく食べて、わっはっはっーと笑って迎えたいですね^^。