乳がんとアトピーを経験した管理栄養士・朋子のブログ

今までの記事

 

    早寝早起きは心も健康になる

    職場の高齢者施設では、時折、新しく入居されるお年寄りをお迎えします

     

    入居されてから、お年寄りがぐんぐん元気になることがあります

     

    そんな変化を不思議に思っていたら、家族から教えてもらいました

     

    お家にいたときは、遅くまで起きていて夜更かしだったのよ

     

    中々寝付けなくて、睡眠導入剤を処方してもらっていた

     

    足腰痛くてしょうがなくて、痛み止めをよく飲んでいた

     

    食欲がなくて、いつも元気がなかった

     

    入居されると、多くのお年寄りが、夜8時には、ベットで横になっています

     

    朝は、日の出前に、目を覚ましている方が多いと聞きます

     

    家族から、お薬を減らしてあげたいと希望があって、睡眠導入剤は飲まないことになりました

     

    痛み止めは、どうしても痛いときに飲むようになりました

     

    時々、お家に帰ると、お年寄りの変化に家族が気付いたそうです

     

    もりもり食べて、8時過ぎると、自分でお布団に入るようになりました

     

    長年の悩みだった、腰の痛みは、不思議となくなった

     

    顔色が良くなって、元気になった

     

    早寝早起きって、からだに良いんだなぁと感じてますと家族からお話がありました

     

    はじめましての頃よりも、表情がやわらかく、にこっとされたときのお年寄りの笑顔に、わたしも癒やされています

     

    お薬を飲まないと、眠れないかもしれない
    お薬を飲まないと、痛みが出るかもしれない

     

    お薬を飲むことで得られる痛みの緩和と安心感
    飲まないと決めてからの揺れる気持ち
    薬に頼らなくなってから感じた、清々しい健康観

     

    自分の経験と、目の前のお年寄りの姿が鏡のように感じています

    お年寄りの手のひら

    数年前、転んで骨折で入院していた、富山生まれのお年寄りがいます
    しばらくは脚を痛がっていたけれど、90代半ばを過ぎ、この頃、元気になりました

     

    挨拶に行くと、日に日に顔見知りになり、はじめは硬かった表情が、今は、笑顔で迎え入れてくれる

     

    たまに挨拶だけして通り過ぎようとする時、そっと手のひらを出してくれるから、握手をする

     

    握手をすると、いつも、指先が冷たくて色が良くない
    血行不良なのだ

     

    そんな手をみてしまうと、温めてあげなくちゃと思う

     

    しばらく、お話しをしながら、手を温めていると、目をまん丸くして、温かいやぁ、ありがとうございますと、やさしい声が聞こえてくる

     

    その言葉と笑顔に、わたしが温かい気持ちになって癒やされている

     

    こちらのお年寄りにとって、わたしは誰なんだろうなぁ
    ご近所さん?親戚?友達?
    こんなに笑顔になって、お話しが止まらなくなる

     

    こうして、こうして、こうやったらええと思うとか
    遅かったねぇとか
    ご飯食べて行きなさいとか
    畑の心配をしたり
    いろいろ話してくれる
    きっと、私の登場人物設定は、コロコロ変わっている

     

    認知症のこの方、嫌なことは嫌だと怒る
    楽しくなると、あははと笑う
    目が合うと優しくほほ笑む
    とても素敵なお年寄りです

     

    穏やかな変わらない毎日、そういう日々の大切さに、やっと気付くことが出来た

     

    だからこそ、日々、身体と心を整え、楽しみながら生活していきたい

    電車で見かけたご老人

    電車に乗って帰省中、熱海辺りから、にぎやかに乗車してきた家族連れがありました

     

    ふたりの娘さんらしき人の間に、小柄なご老人が、ちょこんと座っていた

     

    少し耳の遠いご老人に合わせて、娘さん達が大きな声でお話しをしてくれて、楽しい会話が聞こえてきました

     

    ご老人
    「長生きしすぎたよ、もう、そんなに長くないなー」

     

    娘さん
    「なーに言ってるの、ついこの間、108歳まで生きるって、いってたじゃない」

     

    「あと、2年よ」

     

    えーーーと、わたしは驚いた

     

    今、ご老人は、106歳と言うことになる

     

    オレンジ色の大きなサングラスは、小さなお顔の3分の2にかかっている

     

    お家で食べるようにと、駅弁を買ったらしく、袋をごそごそして、今すぐ食べようとするご老人

     

    娘さん達が、家で食べるから、そのまましてねと言われても、ごそごそして気になる様子、そのままよ、ごそごそ…

     

    ほっこりする風景、会話が繰りひろげられていました

     

    職場の高齢者施設も、娘さん達が、高齢の父親に会いにやって来ます

     

    中には、幼い頃から別々に暮らしていたから、父親のこと、よくわからないのよと言う家族もいる

     

    ひとりひとりに歴史がある

     

    大変な苦労、戦争経験のあるお年寄りもいる

     

    命のおわりの少し前の時間に、出逢えた人達

     

    その人らしく、穏やかに、好きなように過ごせるように
    託されたその時間に、責任を感じる

     

    3月になりました
    お年寄りを連れて、お庭の桜を見に行くことが、今月の楽しみです

    生理の前は眠くなる(_ _).oO

    月に1日、すごく眠くて、どうしようもない日があります

     

    それは、身体からのお知らせ

     

    明日辺りに生理はじまるよー

     

    普段は日中眠くなることはないのだけれど、お仕事している夕方や出掛けた先の昼間など生理の前日は、もの凄く眠い

     

    眠いときは寝る

     

    思い切って寝る

     

    夫は、生理の頃は寝ると元気になる人だと思って応援してくれる

     

    10代、20代の頃ひどく生理痛がありました
    痛い場所へ、ホッカイロを貼ってしのいでいました

     

    体質改善をはじめてからは生理は痛いものではなくて眠いものに変わりました

     

    なぜだろう?

     

    体質改善前は平熱35度台でした
    昨日、生理がはじまり36度7分

     

    ホッカイロがなくて平気なくらいに、体温が上がった

     

    冷えから、きゅーっと痛みの出ていたお腹(子宮)は、温かい体温に包まれて痛みが出なくなった

     

    温めると元気になる
    温めると気持ちが良い

     

    温かい身体になって、気持ちが良くて元気になりました

    今年の冬は薄着になりました

    冬になると

     

    下から靴下にはじまり
    毛糸のタイツかストッキング
    毛糸のパンツ
    お腹と背中にホッカイロを貼って
    タンクトップ
    長袖の肌着
    その上にタートルネックの長袖
    ネルシャツを着て
    更にトレーナーかセーター、パーカーを着て
    外ではコートを羽織

     

    20代、たくさん着込んで、ホッカイロを常備して、寒さをしのぐ生活でした

     

    その当時の常備薬
    鼻炎を止める薬
    皮膚の痒み、湿疹に塗るステロイド
    下痢を止める薬
    生理痛を和らげる薬
    食べ過ぎ時の胃薬など

     

    乳がんとアトピーの経験をきっかけに、れのあで体質改善を続けてきて、今は40代です

     

    上記の薬は必要なくなり、常備しなくなりました

     

    ひとつひとつの薬の名前や効能は違いがあるようだけど、どれも何かを止めたり、抑えていましたね…

     

    鼻水を止める
    痒み、湿疹を止める
    下痢を止める
    生理の痛みを止める
    胃の痛み不快感を止める
    もう、止めまくりです

     

    頑固で頑張り屋で、身体のお知らせを無視し続けて、止めまくって、いっぱいいっぱいで頑張り続けていました

     

    止める薬を全部やめてから、10年位たつでしょうか、今の方が断然、調子が良いです

     

    そして、今年の冬は、暖冬の影響も大きくて、寒さに震えることが少なかった
    ホッカイロは、今年も常備なし

     

    水素風呂、温熱に加えて、デトックスルームに入るようになって、益々、汗をかきやすくなりました

     

    花粉の季節と噂されますが、今年もその心配は、ないように感じています