はじめの対応が肝心

お子さんがアトピーになった時

 

特にまだお話しができない赤ちゃんだったら

 

痒いのに痒いと言えずにぐずっていたら

 

20170225-1

 

 

どこが痒いのかもわからない

 

 

母親としては切なすぎる

 

 

20170225-2

 

 

いたたまれない

 

一日も早くわが子のかゆみをとってあげたい

 

そんな気持ちになりますよね

 

 

よく解ります

 

 

医者に行ってステロイドをもらう

 

「塗り薬の絵」の画像検索結果

 

 

最近は、本当にそれでいいのか悩む親も増えている

 

でも、じっさい代替え案を伝えてくれる人がどこにいるか解らない

 

20170225-3

 

お姉ちゃんがアトピーで通っています

 

2年間ステロイドを使ったそうです

 

かなり落ち着いてきています

 

ここまで、お母さんは大変だったと思う

 

20170225-4

 

 

周囲は普通に医者に行けばという

 

その結果30年もステロイドを使った人たちがれのあに来ている

 

 

もし、赤ちゃんの時に相談することが出来たら

 

そんな窓口があったら

 

 

アトピーは怖くないのである

 

 

日光浴をして海水浴をして食べ物を変えたら

 

20170225-5

 

すぐに良くなる

 

私の友人の赤ちゃんは皆そうしてもらう

あっという間に治っていく

 

 

だから

 

全国にアトピー改善のプロが欲しい

 

20170225-6

 

 

皆さんがそれを担ってくれたら

 

日本の子供たちはアトピーで夢を諦める事はなくなるのである

 

20161009-18

 

大人のアトピーさんも改善の希望が持てるのである

 

 

アトピーさんを幸せにして

 

自分も大きく羽ばたきたい方

 

心よりお待ちしていますドキドキ

 

 

 

 

 

btn_fueki_seminar_skincare
3月5日  13時~16時  町田店  残2名 

 

btn_fueki_seminar-shoku
3月11日  11時~14時  町田店  満員御礼

 

btn_fueki_seminar_atopi
3月12日  13時~15時30分  町田店  残席3名 

 

アトピー改善のプロになりたい方はこちら
/seminar/pro-course/

 

The following two tabs change content below.
笛木 紀子
アトピーくらぶ れのあ代表。株式会社レノアコーポレーション代表。  1983年、エステティシャン時代に重度のアトピーの女性と出逢い、技術が至らず深い無力感を感じました。 その後、私自身もアトピーを患った上、長男も乳児性アトピーを発症。ステロイド治療を施すも根本的な改善が見られず、以来アトピーをはじめとする皮膚トラブルは食生活全体と深い関係があると考え、食養家として研究を重ねてまいりました。 現在は、食べ物・血流・カルシウム・細胞の酸化防止・スキンケアから体質改善を行いながら、改善のみられなかった重度のアトピーさんの改善を専門に取り組むと同時に、講演や執筆活動を通して社会的な予防策を呼びかけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アトピーくらぶ れのあ