アトピーは遺伝するのか?

先日はアトピーの治し方セミナーでした

 

20170424-1

 

セミナーを受けて下さった方からこんなメールを頂きました

 

私のこの異常な、塗っても、塗っても乾燥する乾燥肌も骨作りをしながら、
酸化をとっていくと治るのかな?と思いました。

子供に私のような思いをさせない為にも、しっかりした知識を得て、
アトピーの改善に親子共々励みたいと思います。

 

そうなのです

どの親も遺伝を怖がります

 

最近の研究でステロイドの害の一つに遺伝子の変性も疑わしいと(゚_゚i)

 

私たち民間の人間は薬の云々を唱える事はできません

でも常用だけは誰だっておかしいとおもうでしょう

 

10年~20年~30年塗り続けるのですよ・・・

 

確実に身体の機能は失われていきます

 

いいわけないのです!!

 

 

だから私は伝え続ける

 

20170424-2

 

アトピ―を怖がらないでほしい

適切な処置を早めに行う事であなたはきれいになるのです

 

お子さんの症状は重症化しないですむのです

 

20170424-3

 

もうすぐ31歳になるアトピーくらぶ れのあ

 

もっともっと発信していかねば

子供たちが危ない

 

アトピー・アレルギーで病んでいく

 

 

そして薬歴が長い人も諦めないでほしい

れのあスタッフはその経験を経て皆さんのお手伝いをしています

 

 

btn_fueki_seminar-shoku
5月13日  11時~14時  町田店  残席3名

btn_fueki_seminar_atopi
5月28日  12時~14時   町田店  NEW!!

btn_fueki_seminar_skincare
6月10日 13時~15時30分  町田店  残席4名

 

アトピー改善のプロになりたい方はこちら
/seminar/pro-course/

 

The following two tabs change content below.
笛木 紀子
アトピーくらぶ れのあ代表。株式会社レノアコーポレーション代表。  1983年、エステティシャン時代に重度のアトピーの女性と出逢い、技術が至らず深い無力感を感じました。 その後、私自身もアトピーを患った上、長男も乳児性アトピーを発症。ステロイド治療を施すも根本的な改善が見られず、以来アトピーをはじめとする皮膚トラブルは食生活全体と深い関係があると考え、食養家として研究を重ねてまいりました。 現在は、食べ物・血流・カルシウム・細胞の酸化防止・スキンケアから体質改善を行いながら、改善のみられなかった重度のアトピーさんの改善を専門に取り組むと同時に、講演や執筆活動を通して社会的な予防策を呼びかけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アトピーくらぶ れのあ