どんどん弱くなる私たちのお腹…その原因二つ!

皮膚の状態が悪い

 

 

これを長びかせると身体の内側がむしばまれていくこともある

 

例えば

 

リーキーガット症候群

 

吸収しないはずの物質が腸粘膜を通ってしまう

 

何度も実験でお知らせしてきた小麦粉の罠

 

小麦粉をこねる

 

 

 

 

水の中に入れる

 

 

 

 

そこでゴシゴシ揉む

 

 

 

 

手に粘着質な物が着く

 

 

 

 

グルテンである

 

 

これが腸壁についてしまったり

腸管を通過してしまったら

 

アトピーは悪化する

 

もちろん小麦粉だけではない

 

牛乳に含まれるカゼインもしかり

 

私がアトピーの手当てを始めた頃はなじみのない病気である

 

 

確実に現代人の腸はむしばまれている

 

 

もしあなたが

 

あなたの家族が

 

下痢や便秘で悩まされていたり

 

悩んでいなくても

 

便が毎日出ないとか

 

皮膚が何年も改善しない様なら

 

それは一大事です!

 

ぜひ

 

真摯に身体と向き合って欲しい

 

手当てしたら改善する人はたくさんいる

 

深みにはまる前に

 

なんとしてでも

 

それが深みにはまった人を見てきた人間からの大切なメッセージです

 

 

アトピー改善の基礎セミナー
12月3日  13時~15時  町田店  NEW

アトピー改善の実践セミナー
11月5日  13時~16時   町田店 残席3名

笛木紀子の「食のセミナー」
10月29日   11時~14時  町田店  残席3名
11月26日   11時~14時  町田店  NEW

 

アトピー改善のプロになりたい方はこちら
https://renoa.co.jp/seminar/pro-course/

 

The following two tabs change content below.
笛木 紀子
アトピーくらぶ れのあ代表。株式会社レノアコーポレーション代表。  1983年、エステティシャン時代に重度のアトピーの女性と出逢い、技術が至らず深い無力感を感じました。 その後、私自身もアトピーを患った上、長男も乳児性アトピーを発症。ステロイド治療を施すも根本的な改善が見られず、以来アトピーをはじめとする皮膚トラブルは食生活全体と深い関係があると考え、食養家として研究を重ねてまいりました。 現在は、食べ物・血流・カルシウム・細胞の酸化防止・スキンケアから体質改善を行いながら、改善のみられなかった重度のアトピーさんの改善を専門に取り組むと同時に、講演や執筆活動を通して社会的な予防策を呼びかけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アトピーくらぶ れのあ