重度のアトピーの人には共通の癖がある

アトピーも長く炎症が続くとマイナスのイメージしか抱けなくなるのか・・・

 

 

はたまた生まれ持った性格が暗いからなかなか改善しないのか

 

病は気からとはよくいったものだ

 
重度のアトピーの人には共通の癖がある
 

 

マイナス思考

 

 

例えば

 

お顔がきれいになりましたね~
と話しかける

 

すると返ってくる言葉は

 

でも手が・・・・

 

悪いところを探しだすのである

 

良くなっていますね?
と尋ねると

 

あんまり変わりなくって・・・・と仰る

 

そんなことはないのに・・・

 

だから私はお写真をいただいておく
明らかに改善している状況をみてもらう

 

それでも抵抗する

 

さらに皆さんお部屋にこもる
いわゆる鬱状態である

 

これがいけない

 

それでなくても低体温なのにさらに体温が下がる

 

皮膚がべたっとしてくる

 

体温が高くなるのを待っていては時間がかかりすぎるし
そんなことは起きないかもしれない

 

だから動くのです
チーターの様に

 

 

ご本人は完治してから動こうと思っているかもしれませんが

 

順番は逆です!

 

少しでも良くなったところを見つけて喜んで下さい
勇気を出して外に出てください

 

 

 

 

子供の様に遊ぶのです

 

太陽や緑や風はあなたの味方です

 

自分が動けないことを病気のせいにしないで欲しい

 

イメージ力を沸かせて夢を膨らませて欲しい

 

重度の人が治る時は
アトピーが治った姿が想像できた時です

 

ノートにいっぱい書いてもいい

 

アトピーが治ったらやること

 

その延長線上にある夢のお話し

 

イメージトレーニングで癌細胞を小さくした人たちもいるのです

 

浸出液が出て大変な時にそんな余裕ないわよと言わずに

 

大変でもとにかく気持ちを前向きに持った人が改善していくのです

 

私の素直な想いです

 

 


↑笛木紀子のアトピー改善のための知識と情報をまるごと収録↑

 


しばらくお休みします

 


※「食のセミナー」から名称変更しました
6月10日 11時~14時  町田店  ※残席4名
7月8月の開催予定はございません

 

「黒豆煮」を基本に、フムス、ガーリッククオイルマリネ等を作ります♥

5月20日 11時~13時半  町田店  ※残席2名

 

アトピー改善のプロになりたい方はこちら
https://renoa.co.jp/pro-course/

The following two tabs change content below.
笛木 紀子
アトピーくらぶ れのあ代表。株式会社レノアコーポレーション代表。  1983年、エステティシャン時代に重度のアトピーの女性と出逢い、技術が至らず深い無力感を感じました。 その後、私自身もアトピーを患った上、長男も乳児性アトピーを発症。ステロイド治療を施すも根本的な改善が見られず、以来アトピーをはじめとする皮膚トラブルは食生活全体と深い関係があると考え、食養家として研究を重ねてまいりました。 現在は、食べ物・血流・カルシウム・細胞の酸化防止・スキンケアから体質改善を行いながら、改善のみられなかった重度のアトピーさんの改善を専門に取り組むと同時に、講演や執筆活動を通して社会的な予防策を呼びかけています。
アトピーくらぶ れのあ