赤ちゃんのアトピー改善に悩む、お母さんとお父さんへ

 

れのあではLINE相談室でアトピーの相談を受け付けています。

大人のアトピーも勿論ですが、赤ちゃんの相談もよく受けます。

 

 

私は、赤ちゃんの頃からアトピーです。

生後2ヶ月でアトピーになりました。

 

突然赤くなった私の肌を見て、

母は慌ててかかりつけの小児科に連れて行ったそうです。

そして、ステロイドを処方されました。

 

病院の先生は「ステロイドは強い薬だから、あまり使ってはいけないよ」

と母に言ったそうです。

そこで母は、私に1度だけステロイドを塗って、

その後10年以上ステロイドは一切使っていませんでした。

ですが、思春期で見た目が気になるようになり、

自分の意志で塗るようになってしまうのですが・・・・

 

アトピーが出始めたころは赤ちゃんですから記憶がありません。

自分の意思もありません。

ですから、お母さんやお父さんがアトピーとどのように向き合うかが、

その子の人生を左右すると思っています。

 

病院の先生が母に、「ステロイドは強い薬だから、あまり使ってはいけないよ」

と言ったことを、その話を母から聞いた時に、

「そのように言ってくれる医者が少ない中で、私は運が良かったな」と思いました。

だって、そのように言ってくれていなかったら、

もしかしたら母は生後2ヶ月から私に、ステロイドを毎日塗っていたかもしれないからです。

そのように考えると、「怖いな」と「良かった」と思うのです。

 

私はれのあでお客さんとして通っていた10年前から、

小さい頃から毎日ステロイドを使ってきた方と出会ってきました。

お薬を使われてきた方と、使われてこなかった方、

使われて来なかった方のほうが改善スピードが速いのを見ました。

お薬を使われている期間が長ければ長いほど、

改善に時間が必要なのもみました。

 

 

私がここで言いたいことは一つです。

お母さん、お父さん、

選択を間違えないでください。

 

アトピーの改善に

お薬を使っていくのか。

薬ではなく体質改善をしていくのか。

決めるのはお二人です。

赤ちゃんや小さなお子さんには決められません。

大げさかもしれませんが、

その子のこれからの人生を決める分かれ目にいます。

 

残念ながら1度お薬を使うと、お薬から自力で離れるのは難しいです。

ですので、れのあはアトピー改善のプロとして、

お薬を使われてこなかった方はもちろん、

お薬から離れて体質改善をすると決意された方のサポートをしています。

アトピーは年齢を重ねるごとに、改善への時間が必要となってきます。

赤ちゃんのうちに体質改善に取り組んであげると、比較的改善が早いのです。

 

 

世の中にはたくさんのアトピーの情報がありますが、

れのあは約30年間アトピーさんに寄り添ってきました。

自信をもって体質改善をお伝えしています。

ぜひどうか、

赤ちゃんのアトピーに迷われているのでしたら、

れのあの体質改善方法を知ることから始めてみてください。

れのあ式で体質改善を望まれるのでしたら、

わたしたちれのあが全力でサポートいたします。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る