水素風呂の足湯ってやっぱりすごい

昨日、久しぶりに水素風呂の足湯をしました。

冬場は足の冷えを感じるので、

水素風呂で水素生成した足湯が習慣になっていたのですが、

春になり暖かくなってきていたので、

すっかり足湯をするのを忘れていました。

 

 

昨日はお休みでした。

一日中家にいて趣味のライブDVD鑑賞をしていたら、

じっとして動かないため、

とっても足が冷えてきました。

「どうせじっとしているのだからせっかくだし足湯しよう!」

と思いセッティング。

足がすっぽり入るくらいの大きいバケツにお湯をはり、

そこに水素風呂の機械で水素生成

私の足湯バケツには保温機能がないので、

傍にお湯の入ったポットを用意し、

足湯がぬるくなったら熱いお湯を足します。

 

水素生成の時間は30分以上してから足湯が理想ですが、

足が冷えていて待てなかったので、

水素生成完了を待たずに足湯を開始しました。

いつも水素生成をしながら足湯をするので、

今回も水素生成をしながら20分くらい足湯をしました。

 

 

この水素風呂の1番の感動ポイントは、

「温かさが長続きする」という点です。

普通のお湯で足湯をすると、

すぐに足が冷たく戻っていくのです。

私はアトピー改善中に毎日足湯をしていたので、

その感覚をよーく覚えています。

あっという間にまた冷たくなってしまうのですよね。

 

その点、水素風呂の足湯は違います。

足湯終わった後でも温かさが長続き。

冷えがやってきません!

久しぶりに足湯をしてみて、

足の温かさが長続きすることに感動をしました。

 

感動したので、母にも水素風呂の足湯を作り、

足湯をしてもらいました。

やはり母も足の冷えがありましたが、

足湯後、「ずっと足が温かい」

と、親子で足の温かさが長続きすることに感動をしました。

 

 

もっと気温が高くなってくると、

今度は冷房で身体や足が冷えるようになります。

冬だけではなく、

季節が温かくなってきたからといって、

油断は禁物ですね。

毎日の習慣にしていく必要があると実感しました。

皆さんも少し面倒でも、水素風呂の足湯しましょう(^^♪

 

The following two tabs change content below.
ミーホ
施術スタッフ。LINEアトピー相談室担当。 アトピーに悩んでいた高校生の時、れのあに出逢いました。 大変だった重度のアトピーからの改善を経て、今は仕事もプライベートも毎日が楽しいです。 アトピーを一緒に乗り越えてくれた両親や兄にとても感謝しています。 そして皮膚が綺麗になって世界が広がりました(^^) アトピーのおかげです。 アトピーが辛く家に引きこもっていた時に、アニメとアニメソングに心救われ元気になりました。今も歌うことが大好きでハマっています。 姪っ子ちゃん(兄の子供)の可愛さにメロメロな日々です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アトピーくらぶ れのあ