肩凝りの原因は冷えでした!

先日、4日間くらい肩凝りに悩まされていました。

 

私は、普段あまり肩凝りを意識することはありません。

毎日のお風呂上りのストレッチは欠かしませんし、

「凝り=血流が悪い」というのは、

れのあ式では基礎中の基礎です。

ですから凝りがあると、顔周りや首、上半身のアトピー改善の支障になるので、

たくさん動かしたりして、

アトピー改善中からなるべく肩凝りはつくらないようにしてきました。

 

 

ですが、久しぶりの肩凝りです。

例えば、重いものを持つと肩凝りにもなるのですが、

だいたい1日でその凝りはとれます。

「なんでだろう?

水素風呂にも入っているし、

ストレッチもして動かしているし・・・」

と悩んでいました。

 

 

どんどん身体がだる重くなっていくので、

肩凝り4日目にして、

エネルギーチャージするためにデトックスルームに入って寝ることにしました。

 

 

すると、30分寝て起き上がった時には、

肩凝りが見事に消えていました!

「凄い!!」

と思い、そのことを所長に話したら、

「冷えていたのがとれたんでしょう。」と。

 

 

「冷え!?

あっそうだったのか。」

と妙に納得。

「凝り=血流が悪い=冷えている」

ですよね。

いつも身体を冷やさないようにと意識しているつもりでしたが、

知らず知らずのうちに身体は冷えていたようです。

 

 

そしてここ数日の生活を思い返してみました。

すると、いくつも出てくる冷えの原因が!

・いつも水素風呂に入っているし大丈夫!と過信して入浴時間が短くなっていた。

・冷房によって知らず知らずのうちに、首や肩など洋服に覆われていないところから冷えた。

・電車の長時間移動など、身体を動かす時間が少なかった。

・冷たい飲み物を飲む機会が多かった。

・お酒を飲む日が増えた。

等、思い当たることがいっぱい・・・

そりゃ肩凝りにもなりますよね。

 

 

「冷やさない。」はれのあ式では基本だけれど、

夏場は気温が高いのでついつい油断しがちです。

そうしていつの間にか冷えてしまっていることも・・・

私はその後、水素風呂に浸かる時間をしっかりもうけたり、

電車に乗る時にはストールを巻くようにしました。

夏だからと油断せずに、

身体を冷やさないような工夫や、

身体を温める工夫が大切になりますね。

夏場も血行促進のれのあ式は健在です!!

 

The following two tabs change content below.
ミーホ
温熱師。LINEアトピー相談室担当。 アトピーに悩んでいた高校生の時、れのあに出逢いました。 大変だった重度のアトピーからの改善を経て、今は仕事もプライベートも毎日が楽しいです。 アトピーを一緒に乗り越えてくれた両親や兄にとても感謝しています。 そして皮膚が綺麗になって世界が広がりました(^^) アトピーのおかげです。 アトピーが辛く家に引きこもっていた時に、アニメとアニメソングに心救われ元気になりました。今も歌うことが大好きでハマっています。 姪っ子ちゃん(兄の子供)の可愛さにメロメロな日々です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アトピーくらぶ れのあ