無駄食いしていませんか?対策法をお伝えします!

「無駄食いしちゃう~(_ _;)」

というアトピーさんはいませんか?

れのあに通われているアトピーさんからも

「口寂しくて・・・つい・・・」

「お腹が空いていなくても・・・たべてしまう・・・」

というお声をよくお聞きします。

私もアトピーが大変だった時、同じ経験をしていました。

 

 

私も食べるのが好きです。

お休みの日に家にいると色々食べてしまいます・・・

でも、ちょっとした工夫で、

無駄に食べることを減らすことができます。

 

 

れのあ式をされているアトピーさんはすでにご存知と思いまが、

たくさん食べるのは身体に負担になりますよね。

昔から腹八分目とはよく言われたものです。

食べた分排泄できないと、アトピーとしてお肌から排泄される事。

腸が免疫にとって重要なので、食べ過ぎは免疫を下げてしまう可能性がある事。

ですので、出来れば無駄に食べてしまうのは避けたいですよね。

 

 

ではどうすれば良いのでしょうか?

以前参加した「ミネラル重金属セミナー」で聞いてきた研究結果をもとにお話します。

 

 

ずばり。

「朝食に良質なタンパク質をお召し上がりください!」

タンパク質は、筋肉・臓器・血液・ホルモン・酵素などになり、

様々な役割をしています。

満腹刺激ホルモンもたんぱく質に関係しています。

朝食にたんぱく質を摂ると、

充分な満腹刺激ホルモンが分泌されるので無駄食いを減らせるのです!

 

 

「しっかり朝ご飯をたべよう!」

と、いうわけではありません。

その方によって朝に食べる適量は異なりますが、

朝は排泄の時間帯ですので、

たくさん食べてしまうのはおすすめしません。

 

 

私の朝食はゆで卵1個です。

ゆで卵にヒマラヤブラックソルトをかけて食べます。

たんぱく質を食べるという理由以外にもこの朝食にしている理由があります。

それは、

卵とヒマラヤブラックソルトには硫黄というミネラルが豊富です。

硫黄はデトックスコースをしてくれるミネラルだからです。

毒素が溜まっているアトピーさんにはおすすめです。

 

 

以前はお味噌汁を飲んでいたのですが、

実際にゆで卵を食べるようになってから、

お腹が空いてエネルギーが出ないというような飢餓感がなくなりました。

満足感もあるので、

お昼ごはんにたくさん食べてしまうのも減らすことが出来ました。

 

 

タンパク質が不足すると無駄食い以外にも、様々な体の不調をもたらします。

不足する状態がつづくと、

・筋肉や骨格が脆くなりやすい

・皮膚や髪の衰え

・記憶や思考力の低下

・情緒不安定

・免疫力低下 

などの不調が出ることもありますので、

朝食以外にも、昼食と夕食にもタンパク質は摂りたいですね。

 

 

特にアトピーさんの中には

「野菜を中心にして食べています。」

「お肉やお魚を避けています。」

という方も。

それでは体は作られませんので、バランスよく摂りたいですね。

 

 

自分にはどんなたんぱく質が必要なの?

というのはミネラルバランス測定見てみましょう。

ミネラルバランス測定(体内のミネラル&有害金属検査)

The following two tabs change content below.
ミーホ
施術スタッフ。LINEアトピー相談室担当。 アトピーに悩んでいた高校生の時、れのあに出逢いました。 大変だった重度のアトピーからの改善を経て、今は仕事もプライベートも毎日が楽しいです。 アトピーを一緒に乗り越えてくれた両親や兄にとても感謝しています。 そして皮膚が綺麗になって世界が広がりました(^^) アトピーのおかげです。 アトピーが辛く家に引きこもっていた時に、アニメとアニメソングに心救われ元気になりました。今も歌うことが大好きでハマっています。 姪っ子ちゃん(兄の子供)の可愛さにメロメロな日々です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アトピーくらぶ れのあ