アトピーさんが気を付けたい亜鉛不足の注意点2つと改善方法!

「ミネラルバランス測定」をすると、

アトピーさんの大多数が亜鉛不足です。

 

亜鉛不足は大変な問題です。

なぜなら亜鉛は、

ディフェンスミネラルといわれるくらいに、

体を守る機能に特化しているからです。

 

 

まず亜鉛とは何をしているミネラルでしょうか?

あげるときりがないのですが、

免疫やホルモン、生殖機能、インスリン合成貯蔵をしています。

呼吸や細胞分裂にも関係しています。

また、300種類の酵素の働きにも関係があります。

 

この亜鉛が不足するとどうなるのでしょうか?

アトピーさんの身体の状態で心配な状態2つをご紹介します。

 

 

『食べものの消化吸収不良』

アトピーさんは食べても食べても太れない方がいますが、

消化吸収が上手にできていないのも要因しています。

また、亜鉛不足が続いていくと、

腸内フローラが乱れ

→腸のバリア機能低下

→リーキーガット症候群(本来腸で排除されるべき有害物質が腸壁が傷んでいることにより体内に入り込んでしまう)

→悪化するとさらに腸の大病の要因に

腸は免疫細胞の70%が作られるといいますから、

免疫アップの要といえます。

 

 

『傷が治りにくい』

お肌の掻き壊し傷が塞がりにくい、ケガのかさぶたができにくいなど、

細胞の修復が上手くできません。

細胞の修復が進まないという事は・・・お肌の代謝も進まないので

お肌が綺麗になりにくいという事です。

 

アトピーさんは特にこの2つの状態に注意したいですね。

 

 

ではその改善方法です!

亜鉛が豊富な食べ物を食べましょう!

ダントツで豊富な食べ物は牡蠣です

 

ミネラルバランス測定をしていると、

牡蠣が嫌い・苦手という方は多いようです・・・

また冬のシーズンに獲れるものなので、

夏場は食べたくてもなかなか食べれません。

 

でも、牡蠣以外にも亜鉛を摂れる食べ物はあります!

レバー・納豆・アーモンド・ごま・牛肉

アスパラガス・オクラ・

玄米にも比較的多く亜鉛が入っています!

 

 

さらに、亜鉛は、身体に必要なミネラルの「銅」とペアを組んでいます。

一緒に活動をしているんです。

亜鉛は消化吸収のはたらきをしていますが、

この働きは亜鉛と銅がペアとなり、

一緒に働いています。

ですので、亜鉛だけではなく、銅も意識して摂られることをおすすめします。

 

銅の摂れる食品は、

タコ・いんげん豆・そら豆・

亜鉛と同じく、レバー・牡蠣・ごま・アーモンドです。

これらの食品を参考にしながら、

亜鉛と銅のミネラルを意識して摂られるのをおすすめします。

 

 

私は、ミネラルバランス測定をして、

亜鉛が不足していることを知ってから、

おやつをアーモンドにしました。

無添加で素焼きの味がついていないものを選んでいます。

そして、お肉も食べる頻度を増やしました。

 

 

そうやって亜鉛を意識した食生活をした結果・・・

ミネラルバランス測定の結果がこんなに改善されました!

2018年6月

2019年2月

こんなに不足が改善!

 

 

半年から1年、意識した食事を送らないとなかなか変化は難しいですが、

私の様に、「おやつをアーモンドにする」

というように些細な事からまずは初めてみましょう!

その積み重ねが変化をさせてくれます。

 

 

そして、その努力の結果を早く出したい方には、

ご自宅では「飲む糖鎖」で吸収を助けたり、

れのあに通うことが出来る方は、

「プラズマコース」でミトコンドリアを活性化させ、

栄養の吸収を高めましょう!

そうすることで改善への近道になります。

 

 

ミネラルバランス測定(体内のミネラル&有害金属検査)

 

 

The following two tabs change content below.
ミーホ
施術スタッフ。LINEアトピー相談室担当。 アトピーに悩んでいた高校生の時、れのあに出逢いました。 大変だった重度のアトピーからの改善を経て、今は仕事もプライベートも毎日が楽しいです。 アトピーを一緒に乗り越えてくれた両親や兄にとても感謝しています。 そして皮膚が綺麗になって世界が広がりました(^^) アトピーのおかげです。 アトピーが辛く家に引きこもっていた時に、アニメとアニメソングに心救われ元気になりました。今も歌うことが大好きでハマっています。 姪っ子ちゃん(兄の子供)の可愛さにメロメロな日々です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アトピーくらぶ れのあ