体調不良や冷えてどうしようもない時に

風邪をひきました。

去年は、風邪になる気もしないくらいに元気だったのですが、

今年は夏場に食中毒をして以来、免疫は丈夫ではないようです。

早々に、姪っ子の風邪をもらいました。

 

 

風邪をひいていると、

生活のあらゆることに注意するようになります。

うがい手洗いを気にしたり、

早く寝るようにしたり。

身体を温めたり。

 

 

今回、風邪をひいたときに行ったことは、

とにかく体を温めることです!

 

 

 

普段は、水素風呂の湯船につかると、

15分くらいでとても体は温まります。

ですが、風邪の時に悪寒がしていて、

体は温まる気配がなかったので、

入浴後に、

「水素風呂の足湯」をすることにしました。

 

足がすっぽり入るくらいの大きいバケツにお湯をはり、

そこに水素風呂の機械で水素生成

お湯の冷めない保温機能付きの足湯器も巷にはありますが、

私の足湯バケツには保温機能がないので、

冬場は傍にお湯の入ったポットを用意し、

足湯がぬるくなったら熱いお湯を足します。

そして、1時間くらいボーっと足湯をしました。

1時間後にも、と~っても身体が温まっていました。

 

 

水素風呂の足湯は、ご飯食べながらでも、

テレビを見ながらでもできます。

コンセントがあるところならどこでもできるので手軽です。

 

 

水素風呂の足湯の良い所は他にもあります。

足のポカポカが冷めにくいことです。

ただのお湯で足湯をしても、

すぐに冷めてしまうのですが、

水素風呂の足湯だと温かさが長続きです。

足が冷たくて夜眠れない方や、

お風呂に入ってもすぐに足が冷えてしまう方は、

水素風呂入浴+水素風呂の足湯で、

とにかく温めてあげましょう。

 

 

水素風呂の足湯は、

湯船に比べてお湯の量が少ないので、

その分、水素濃度が濃いです。

より抗酸化と血行促進のアプローチが出来ます!

 

 

これからの寒い時期、

アトピーさんの末端の冷えにはピッタリです!

ぜひ、「毎日の水素風呂入浴に、水素風呂の足湯もプラス」して、

身体を温めてまいりましょう!

The following two tabs change content below.
ミーホ
施術スタッフ。LINEアトピー相談室担当。 アトピーに悩んでいた高校生の時、れのあに出逢いました。 大変だった重度のアトピーからの改善を経て、今は仕事もプライベートも毎日が楽しいです。 アトピーを一緒に乗り越えてくれた両親や兄にとても感謝しています。 そして皮膚が綺麗になって世界が広がりました(^^) アトピーのおかげです。 アトピーが辛く家に引きこもっていた時に、アニメとアニメソングに心救われ元気になりました。今も歌うことが大好きでハマっています。 姪っ子ちゃん(兄の子供)の可愛さにメロメロな日々です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アトピーくらぶ れのあ