悪寒がするときに「ねぎ味噌」で体を温めます。

今年は気温の温暖差が激しいですね。

れのあのある東京都町田市は、

今日は春日和でとても暖かかったです。

ですが、また寒くなる日もあるようで、

れのあに通われているアトピーさんも

「体が気温の変化に追いつかない(+_+)」

という声を聞きます。

確かにFBA(自律神経の測定)もお腹が冷えている方が・・・

 

 

そんな時におすすめなのが、

「ねぎ味噌」という食の処方箋です。

食の処方箋とは・・・

昔々、お医者さんに行けない時代、

家庭のおばあちゃんの知恵と食べ物の力で

元気を取り戻していました。

お腹が痛いときには「ごぼう」

喉には「れんこん」

と台所にあるものを利用していました。

 

 

「ねぎ味噌」の食の処方箋です。

特に身体を温めたいときに、

悪寒がするときにおすすめです。

私もどうやっても身体が温まらないときや、

風邪のときに飲んでいました。

 

 

お味噌は身体を温める食材です。

食養では古くから東洋に伝わる「陰陽の知恵」を用いることがあります。

そこではお味噌・醤油・梅干しなどの昔ながらの製法で作られたものは、

滋養があり身体を温める食品です。

 

 

冬に採れる白いお野菜は、

免疫アップ食材としても有名です。

ねぎ・大根・れんこん・白菜などなど

「ねぎを食べてれば風邪をひかない!」と

おばあちゃんが言っていたな~と思いだします。

 

 

身体が冷えて冷えてしょうがない時に、

ぜひ「ねぎ味噌」をお試しください!

 

 

The following two tabs change content below.
ミーホ
施術スタッフ。LINEアトピー相談室担当。Instagram(@renoaclub )担当。   アトピーに悩んでいた高校生の時、れのあに出逢いました。 大変だった重度のアトピーからの改善を経て、今は仕事もプライベートも毎日が楽しいです。 アトピーを一緒に乗り越えてくれた両親や兄にとても感謝しています。 そして皮膚が綺麗になって世界が広がりました(^^) アトピーのおかげです。 アトピーが辛く家に引きこもっていた時に、アニメとアニメソングに心救われ元気になりました。今も歌うことが大好きでハマっています。 姪っ子ちゃん(兄の子供)の可愛さにメロメロな日々です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アトピーくらぶ れのあ